碧のかたみ (Holly NOVELS)

  • 238人登録
  • 4.13評価
    • (32)
    • (20)
    • (11)
    • (0)
    • (4)
  • 22レビュー
著者 : 尾上与一
制作 : 牧 
  • 蒼竜社 (2013年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883864201

碧のかたみ (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

  • 表紙の二人の笑顔がまぶしいですね。

    発売前に予約までして購入してはいたものの、前作「天球儀の海」がトラウマになり、手に取れずに4年も積んでおりました。
    ようやく意を決して読み始めたら止まらない。あっという間に読み終えました。

    大丈夫、号泣せずにすみました。
    表紙、ありがとう!
    そしてそして、牧先生のイラストが前作を遥かに超える素晴らしさ。数ページ漫画になっています。
    これもまた良かったです。

    ラバウルが舞台ということで、終わりはだいたい想像出来ておりました。天球儀でも触れていましたしね。
    でもでも、そう来たか!という終わり方で、これはこれでありでとても良かったです。
    亘の運の強さはただものではないですね。


    親世代はかろうじて戦争には行ってはいないものの戦争体験者です。少しは話を聞いていましたし、数々の映画や小説を読んできています。
    戦争もののBL 作品はかなり難しいと思いますが、尾上先生は大変勉強なさって書いていらっしゃるのだなと感心致しました。

    天球儀の希の名前がちらちら出てきて嬉しかったです。実はいまだにあのシーンが時折浮かぶほど衝撃を受けてしまっていました。
    幸せそうな天球儀の二人の話も読めて安心しました。

    封入のペーパー「天の川の話」ちょうど七夕のころに読むことが出来きました。嬉しかったです。


    最後に。 
    校正が不十分に感じられたのは自分だけでしょうか。残念に思える箇所が幾つか見受けられました。

  • 強気受けが絆されて信頼し甘えていく流れが好きなので六郎と恒のカップルはかなり好みでした。
    恋心だけでは片付けられない、互いを命を預け合う半身と思うような関係。
    数々の危機を乗り越え、青い花火を見ることができて、本当に良かった…。恒の大号泣が、それまでの果てしない想いを語っています。
    斎藤のように、また会えるかのような言葉を残して戻らなかった人が、一体何人いたのだろうと思うと、苦しくなる。戦闘を終え着陸直前で海に墜落してしまうことが少なくなかったとは、、なんとも言えない気持ちになる。

  • 戦時中のラバウルが舞台。
    天才的に技術のあるパイロットと
    その相棒になった主人公の話。

    けんかっ早い受けがあまり好みではなく、
    その受けになぜかすぐ惚れてしまう攻めとも
    あまり気が合いませんでした。

    同性愛への葛藤もほぼ感じられなかったですね。
    男ばかりという特殊な環境だから?

    ものすごく人気がある作品なので恐縮ですが
    話のあらすじもとくに目新しいものもなく…
    挿絵が途中で漫画という斬新な演出はありました。

    あと、これは作家さんのせいではありませんが
    校正ミスが多く見受けられ、気分が下がりました。
    慣用句の使い方もところどころ不思議でした。

    戦中物が好みの方にはツボなのかもしれません。

  • 尾上先生の作品の1945シリーズ二作品目になりますが、この作品が読んでいて一番わくわくしました。主人公は前作の希の兄の恒です。この恒が本当に可愛くて恰好よくて、たまらない気持になります。相手役の六郎とのやり取りも楽しくて、読んでいて本当にお互いを大切にし合っているのだという事がよく伝わります。そして幸せな分だけ、戦争中だということや、いつ死んでもおかしくない日常だという現実も併せて儚い印象でもあります。本当の戦争や航空機乗りがこんなにもきれいなわけがないこともわかっていますし、美化して哀れな部分だけをピックアップするなと言う意見もあると思いますが、そうじゃないものを表現するのが物語なんだなと改めて認識しました。題材の星座や空に関わる月光乗りであることの「ペア」というものが非常に効果的に活かされています。共に有って最期まで一緒に空に居て共に死のう、というのが悲壮感をあまり含まず幸福な気持ちもそこに乗せて読ませるのはやはり尾上先生の手腕だと思いました。BLは何があってもハッピーエンドでなくてはいけないですね。想いがあれば奇跡も起きます。

  • 最初からフラグが立っている話と思っていたので覚悟して読んだ。覚悟していたけど、恒が六郎に自分を撃てと言った時は涙が止まらなかった。直後ハピエンだとわかり、涙が乾く前だったけどそれでも心から良かったと思った。この2人には死んで欲しく無かった。いや、この2人に限らずせめて小説でだけでも夢を見たかった。

  • 【天球儀の海】のスピンオフです。
    前作主人公の希のお兄ちゃんである恒編。
    前作においてラバウルで戦死、という結末だったので、久々の
    バッドエンド覚悟で読み始めたのですが……。


    やっぱりBLはハピエンだからBLなのだと感心しました。


    それをご都合主義だとか予定調和と言ってしまったら
    元も子もないのですが、こんなにハピエンで良かったと
    思った作品も珍しいです。
    私バッドエンドも大好物ですが、このCPにおいてだけは、
    どうにか幸せな結末であって欲しかったのです。
    そのくらい、魅力的なふたりでした。
    正直前作が霞みます。
    希が自分の為だけに生きてるとすれば、恒は正に真逆で、
    希や家族を守る為に、勝ち目のない戦に挑んでたわけで。

    六郎が恒のために作った線香花火を灯した後に、
    「好きだ、恒」
    と呟くシーンでほろりほろり……。
    そっからはもう、転がり落ちるように先がない展開に、
    何度もこみ上げてくるものがあり、読むのが息苦しかった。
    挿絵の効果もかなり大きいと思います。
    前作ではいまいちなレーターさんだな……というのが
    正直な感想だったのですが、本当に同じ人が描いたの?
    というくらい画力がアップしています。
    読み終わって表紙を眺めながら、よかったねー……と
    しみじみと思い、口絵を見てまた、ほーっと一息。

    個人的にもの凄くツボなのがふたりの性格でした。
    泣き虫攻と、泣かない受。
    強気ややんちゃ受は数あれど、ここまで男らしく格好いい
    受ってあまりいない。
    攻の方が涙ばかり零していて(別に弱いわけじゃないです)
    そんな攻をしょーがねーな、って弟の希でも見るような
    優しい瞳で見つめる恒に萌え死ぬ。
    年上を包み込む受の包容力が半端無かったです。

  • 太平洋戦争末期の話なのでシリアスにならざる負えないし、これが普通の文学小説なら重くて読むのが辛くなりそうな内容ですが、これはあくまでもBL小説。この題材でBLを描いて下さった作者様に感謝です。題名と表紙だけで泣ける気配ムンムンしてましたが、意外と戦争の描写は控えめで日々の生活の中で二人の距離が少しずつ近づいていく様に焦点を当てていたので割と淡々と読めました。救いのあるラストでよかった〜花火のシーンは少しウルッときちゃいました(つω`*)

  • BLを読まないワシのために、後輩がお勧めを教えてくれるキャンペーンの第一弾で読んだのが本作。なるほど、普通に小説としてきちんとしていますが……いろいろ飲み込めていないところもある感で、故に、★は付けないでのレビューです。

    第二次世界大戦の南方戦線での話し。それ自体が悲劇的なのは確かで、それは物語としてもよく語られるところで、お話しとしては、よくできていると思います。ただ、どうにも性行為に至る描写に違和感を感じているワシがいて、それは読み慣れている小説は基本的に直接的な性行為の描写をしないからではないか、と推察するところです。

    なんでそれが必要なんだろう、が禁句なのはよく分かっているのですが、読者としてのワシは、その疑問を胸に抱えながら読んでしまっているので、これは仕方ない。

    幾つか、校正の甘いところも見受けられて、お話しへの没入感が減ってしまったのも、ちょっと残念なところです。

  • BLジャンルでこういう作品が生まれたことに感動を覚える。まだそこまで古くない世界を描くのは勇気のいることだと思うのだけど、女性のほぼ登場しない歴史の1ページを、女性の作者がおもに女性読者のために描いているというのはとても面白いなーと。内容が内容なだけにお涙頂戴なラストになるのかと思いきや、その世界の光ある部分に焦点をあてた展開にしびれた。ただ他の作品とのリンクありきなのが若干残念。

  • ジョシュ・ラニヨンがあまりにもツボったので、日本ものを探求してみよう第一弾。
    話的に好みの世界観&某誌で割と押されてたので、選んでみた。(厳しめに書くので、あしからず)

    で。話は、とびきりよくもなければ、とことん悪くもなく、許せる範囲ではある。くっつくのに抵抗感なさすぎじゃね?とか、もっと悲惨な状況なんじゃないの?とか、展開が唐突だよな、とか細々とありますが、予想よりは読めた。
    難があるのは、書き出しと、言葉のリズムと、世界の描き方。
    句読点の入れ方がすげー自分と合わない。感覚の問題だから仕方がないんだけども、違和感覚えつつも最後まで読めたのは面白さの証拠ではあるんだけども、なんかこう。
    で、描写。場所によってはもう少し踏み込んでもいいんじゃないかと思う。場の空気感というか体感というか、臨場感が足りない。

    総評として、今一歩ですな。大戦末期の南方戦線で、飛行機、ってのは美味しい世界だと思うので、惜しい。

  • 取り寄せ先:江東区立砂町図書館(借受先:府中市立片町図書館)

    尾上の戦時BLシリーズ第二弾。先行する『天球儀の海』とは並行関係をたどっている(版元はスピンオフと言い張るが、それは地理的な距離の問題のことのみを指すと考えられよう)。いずれにせよ、硬派な作品を出し、ここまで高評価で受け入れられたBLは近年あまりないだろう。

    本書を評価するうえで、重要な要素があるとするならば、それは間違いなく「歴史への真摯さ(by Tessa Morris-Suzuki)」なのであり、架空戦記や執筆者の感情移入丸出し小説とは厳密に一線を引く必要があるという点である。わかりやすく言えば、本書は加賀乙彦『帰らざる夏』のラインに連なり(ゆえに評者の評価も高いが)、『永遠の0』とは全く別の地点にある、ということなのだ。
    ただし、留意するのは尾上の「歴史への真摯さ」は、「歴史観を突き放すこと」によって担保されている、ということだ。
    「事実」と「虚構」の境界線の問題は歴史小説全般にわたって問題になりやすい部分だが、「歴史観を突き放す」選択は「事実」を入れるのではなく、「虚構」は虚構としての振る舞いを極めていくという尾上自身の決意、であるのかもしれない。

    同時に懸念もある。先述した尾上の「歴史観を突き放すことによって歴史への真摯さを担保する」という作品世界の構築に必要なその作業体系への無理解な批判にどのように返答するのかという部分において、ナイーブな言説を繰り出しはしまいかという懸念である。

    先行するレビューでは「泣ける」との評を拝見するが、それは評価者自身の情緒性を発露したに過ぎず、それを持って本書を評価しているつもりになっているのだろうがそれは甘いというもの。個人的な感情の発露が作品の評価として機能すると判断し、そこから先の思考をやめたために、本書の真骨頂を見落としてはなるまいとは評者の偽りならざる本心でもある。

  • この人の本は初めて読んだけど、ほんとにすごく良かった。あれだけ空で死にたいと言っていた恒だからきっと空で死ぬのだろうと思っていたけど、生き残ってくれてほんとにほっとした。片方だけが死ぬようなことにならなくて良かった。

    戦時小説として読んでも全然楽しめる。blで出すのは惜しいと思ったのは、木原音瀬作品と夏の塩とか以来かも。

  • 太平洋戦争末期の戦地ラバウル。
    職業は戦闘機パイロット。
    あの時代設定なのにJUNEではなく、
    見事にBLを書ききった作者は
    天晴れのひとこと。
    喧嘩っ早くて気が強く、涙もろいのに
    とても一途で優しい。
    男前で可愛い恒に、みな惹かれずには
    いられません。

  • ラスト近くになるまで結末がどう転ぶかわからなくてページめくるのが怖かったけれど、ネットの番外編まで読み終わって穏やかな気持ちになれました。一安心ですw
    ちょうど発売と同じ時期に公開していた風立ちぬと微妙にリンクするところもあっていろいろ関心しながら読了。
    相当当時の資料を読み込んだと伺える詳細な文章で、BL小説というカテゴリーに入れたら失礼になるかも…?
    尾上さん素晴らしいお話をありがとうございました。

  • 「天球儀の海」に出ていた希のお兄ちゃんが主人公で、スピンオフという形をとりつつも、実は対になっていて二作品読んで初めてわかることがいろいろありました。
    まだまだ遠くなっていない太平洋戦争という史実にBLを絡めたところで、不謹慎だと敬遠する気持ちもありました。それに戦争とくれば、即涙に直結なのは間違いなくて、重い。泣かされるのは確実。
    やっぱり泣きました…でも、思い込んでいたのとは違って、辛くて悲しくて泣けてしまった以上に、感動してうれし泣きしてしまったのでした。
    読んでよかったと思います。

    話は南方前線ラバウルが舞台です。そこへ航空隊の一員としてやってきた六郎の視点で、難攻不落と言われる空軍基地で戦いに直面する彼らの姿が、臨場感あふれる筆致で描かれています。
    希の兄である恒は、前作でもその快活でやんちゃな悪童っぷりが垣間見えていたまんま飛行機乗りになっていて、まっすぐな心の持ち主です。
    六郎の目を通して知る恒はただの暴れん坊じゃなく、その心中には操縦士としての毅然としたスピリットと、故郷の家族を守りたいという確固たる思いがあります。
    そんな恒に、六郎は強く惹かれていき、戦闘機の操縦員と偵察員として命を懸けたペアになることを誓うのです。

    どんどん追い詰められていく戦況の中で、せいいっぱい自分に正直に生きる六郎と恒の姿を見せつけられます。
    生死のはざまで互いを信じあい、大切なものを守り抜こうとする二人の思いに、胸が熱くなりました。
    こうくるのかと、意外だったラストでは、六郎の熱い気持ちに心を揺さぶられました。
    「約束の月」は、本当にいい短編。思わず涙してしまいました。

    WEBに期間限定でアップされている番外編は、米兵視点。これもまた切なくもあたたかい気持ちにさせてくれる話でした。

  • 今までBLを読んでこんなに涙を流したことがあっただろうか、と考えて、いやないな、と私至上一番涙を流してしまったBLでした。

    太平洋戦争時、ラバウル基地にて月光という夜間戦闘機のペアの搭乗員になる琴平恒と厚谷六郎の切ない恋物語。
    戦闘機ーー航空機を愛する恒を、そっと隣に寄り添って一心に想う六郎の気持ちが切なすぎました。もう六郎が、本当に恒を好きで大事でっていう必死な気持ちが伝わってきて、泣けました。そして、小柄で可愛い系の恒が、戦争に行くものの誇りや内地を守るという気持ちをすごい持っていてなおかつ戦闘機乗りとしては有名になるくらいの腕の持ち主でかっこよいのに、すごく航空機を愛していて、それと同じくらいじわじわと六郎に気持ちを預けていくところがたまらなかったです。
    実際にあった戦争を元にしたフィクションでBLなので、ちょっと苦手という方は多いかもしれませんが、私はとても好きです。
    ただただ戦地でいちゃこらしてるだけのお話じゃなく、やっぱり人は死ぬし、いろんな問題にメインの二人は直面することになりますが、それを必死に乗り越えていく姿にやっぱりうるうるしてしまいます。
    ところどころ誤字があって、おっと!となるところもありますが、本編、特典ペーパー、限定SSどれも素敵で、読んで良かった、とこの本を買ってよかったなーと想いました。webの限定SSは、本編の切なさとは違った、寂しさや温かさで泣けました。

  • 天球儀の海・希のお兄ちゃん・恒のお話。恒が可愛いぞ♡

  • 花火の描写が切ない

  • 月光の偵察員、六郎×操縦士、恒。天球儀の海の希のお兄ちゃんである恒のお話です。天球儀からとにかく希を殴ってるイメージしかなかった恒でしたが、読み進めていくうちになにこの可愛い生き物は!!という位本当可愛いです。素直で、家族想いで、飛行機が大好きで。ラストもわたしは良かったです。もうこの表紙の2人の笑顔が本当に素敵。WEB限定SSもボリュームたっぷりでとっても良かったです。SSペーパー、イラストカード付

  • ちょうど永遠の0を読んだ後で、この作品の発売を知った。
    私はそれほどたくさんのBLを読んできたわけではないが、その少ないBL読書経験から言っても、いわゆるBLとはだいぶ雰囲気が違う。
    戦地での日常生活、そして戦闘。中心になるのはそれで、恋愛的な描写は極めて少ない。けれど、恋愛が中心の小説が苦手は私にはそれがちょうどよかった。
    この話の続きがあるのなら、読んでみたいなと思った。
    すこしご都合主義なところがあるので、☆はみっつ。

  • 「天球儀の海」スピン。ユキの"兄"と聞いていたので、大人なイメージの先入観があったのですが、読み始めたら、なんて跳ねっ返りでキュートな飛行機乗り! 自分を曲げない真っ直ぐさ、愛機に対する無邪気なほどの愛情。ペアを組んだ六郎が、保護者的役割から唯一無二の戦友でありつがう相手になっていくのも自然な成り行きで…。ただ、ストーリーが進むにつれて敗色が濃くなり死が忍び寄ってくる、その重苦しさに時々読む手が止まりました。切ない。 BL色が濃い作品ではないですが、真摯に描かれた得難い絆が胸にしみるお話でした。

  • 「天球儀の海」のスピンオフ作品。
    恒兄ちゃんの話だと知って、即購入。

    相手に命を預ける、お互いにとっての一番である「ペア」という存在。
    自分好み過ぎる関係でした。
    そして、「ペア」の相手とひとつになりたい、恋愛とも呼べる感情を持つのは
    自然なことなのだ、と六郎が葛藤なく受け入れるところも、読み手としてもすっと入ってきたなぁという印象。
    わがままを言えば、その辺りをもっと丁寧な描写で読んでみたかったとも思います。

    そして何より、恒のツンツンかと思えば素直なデレに身悶えしながら読みました。
    「墜撃マークを描いていい」
    この台詞に私も撃ち墜とされました。笑

全22件中 1 - 22件を表示

碧のかたみ (Holly NOVELS)に関連する談話室の質問

碧のかたみ (Holly NOVELS)に関連するまとめ

碧のかたみ (Holly NOVELS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

碧のかたみ (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

碧のかたみ (Holly NOVELS)の作品紹介

昭和十八年。全盛を誇る南の要塞・ラバウル航空隊に着任した六郎は、喧嘩に明け暮れている戦闘機乗り・琴平恒に出会う。問題児だが操縦士として優秀な恒と「夜間戦闘機・月光」でペアを組むことになった六郎は、行動を共にするうちに、故郷の家族を守りたいという彼の深い思いと純粋さに触れ恒に強く惹かれていく。命の危険と隣り合わせの日々が続く中、二人は互いを大切なペアとしていとしく思うように。しかし、ラバウルにも敗戦の足音は確実に近づいていた…。「天球儀の海」希の兄・恒と六郎の命を懸けた青春の日々。

碧のかたみ (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする