彩雲の城 (Holly NOVELS)

  • 125人登録
  • 4.39評価
    • (13)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 尾上与一
制作 : 牧 
  • 蒼竜社 (2014年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883864355

彩雲の城 (Holly NOVELS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説として面白かった!
    しかし攻め受けそれぞれ元カノ元カレからよりを戻そう的な要求が来てて、そんなことってある……?笑 とちょっと思いました。

  • 藤十郎の呪いの仏像の実物を見てみたい。
    モールス信号で、藤十郎の名前を打つ伊魚が愛しい。
    相容れないと思われていた二人なのに、出会うべくして遠方の遥か海の彼方の島で出会った運命の二人となったとは。
    ペア、という言葉、お互いを思い会う素敵であり重い言葉ですね。

  • それぞれ帰る場所をなくしラバウルへとやって来た藤十郎と伊魚。彗星の搭乗員としてペアになる2人だが、伊魚は藤十郎との接触を避けるような振る舞いをして…。
    心を閉ざした受けが攻めの包容力によって心を開いていく話は大好きなので、伊魚が不器用で可愛くてもう最高でした。伊魚はすごい美貌の持ち主。真面目で不器用で、心を開いてくれるのには時間がかかるけれどその壁を越えれば深い愛情をもって精一杯答えてくれる。冷たいやつだと思うか、その奥の優しさに気づくか、それは相手次第。伊魚の事情や気持ちもすべて深い掬い上げて包んであげる藤十郎の懐の広さ…!この2人はまさに、ペア。お互いの唯一。防空壕の中で交わったり、死を待ちながら海の上で抱き合ったり、常に死を意識していた2人だったけれど、助かってよかった…!

  • 尾上先生の作品の1945シリーズ三作品目になります。どんどんより濃厚な設定を組んできてシリーズ最大ページ数になっています。前作と舞台は同じくラバウルの航空隊の話です。今までと違うニュアンスな気がしたんですが、互いがどこからか逃げてきて、死に一番近い場所でありながらラバウルが再スタートというところが面白いなと思いました。今回もたくさんたくさんすれ違って、お互いが大切で失えない存在になっていきます。死んでなお共に在りたい、というのは恋愛とは違うけど、友情でも友愛でもない、それでも確かに深い絆を結んでいるんですよね。幸せになって欲しいと本当に思いました。

  • 前作の月光ペア未読のまま一年を立つ。久しぶりの尾上先生の新作を手に取る。やはり素晴らしいな、と思わず感嘆の声を上げる。そんな難しい飛行機の操作半分以上に私の知識範囲を超えてるかかわらず、その張りがある場面を読んでるうちに、まるで彼らと一緒にその場にいる気がした。まずその臨場感がすごい。人に近寄らず、気位が高い割に、密やかに一人でモースルを叩く伊魚がカワイイ。無人島の鰐に罠をかける伊魚も、芳林堂のペーパーで蛇を捕まえてバンバンと捌く伊魚も勇敢で野生的な一面を垣間見できて嬉しい。唯一無二のペアという表現は好きだ。そう言えば、もしかして戦争で操縦員と偵察員という夫婦みたい存在はこういう関係があっただろうか、といろいろ想像してしまった。

  • 購入したものの、ゆっくり時間が出来たときに大事に読みたいと思い
    寝かせていましたが、我慢できずにあっというまに読了。
    今回もラバウルが舞台で、前作【碧のかたみ】のスピンオフです。
    ちょっと月光ペアも出てきたのも嬉しかったです。

    今回は内地で婚約者に逃げられ、失意のうちに逃げるように
    ラバウルへとやってきた藤十郎と、同じく内地で想い人に捨てられ、
    左遷のような形で厄介払いされてきた伊魚の話です。
    同じような境遇でありながら性格は真逆、明るく誰とでも
    打ち解けられる藤十郎に対し、他人を全て拒絶する伊魚。
    でもそんな伊魚も、本当は寂しくて人の愛情に飢えてる
    可愛い子でした。

    名前の通り、体温低めのお魚のような伊魚が、逃げても逃げても
    追いかけてくる藤十郎に捕まえられたときには、心の底から
    ほっとしました。
    ペアっていいなぁ……と前作でも思ったものですが、今回は
    擦り傷から切り傷まで、深く浅く傷ついた伊魚の心の傷を、
    大切に大切にひとつずつ丁寧に軟膏を塗って埋めていくような、
    そんな藤十郎の愛し方に胸が温かくなりました。
    そして一見冷たく思える伊魚も、藤十郎の気持ちに応えようと、
    不器用な優しさを見せるのがいじらしく、健気で何ともいえず
    可愛かったです。

    ふたりが搭乗する彗星は、まるで水に溶ける砂糖菓子のように
    海の深くに沈んでしまいましたが、いつ死んでもいいと思っていた
    伊魚が、最後まで生きようと足掻いた姿に涙します。
    靖国での待ち合わせは、涙で紙面が霞んで先に進めませんでした。
    そして作中、藤十郎は一体何度「伊魚」とその名を呼んだのか、
    思わず数えたくなるような愛しい名前。
    伊魚は一体何度、藤十郎とその名を呼ぶために練習したのでしょう。
    かけがえのない存在であるふたりの行く末を、読者として一緒に
    見守ることが出来て本当に良かったです。

    表紙がまさにタイトルの通りで、美しさに溜息がでます。
    それにしても伊魚の辞世の句、あいかわらず酷い(笑)
    藤十郎じゃないけど、どっかで見たような句になってて
    真面目なシーンなのに笑いが出そうになりました。

全6件中 1 - 6件を表示

尾上与一の作品

彩雲の城 (Holly NOVELS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

彩雲の城 (Holly NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

彩雲の城 (Holly NOVELS)の作品紹介

「碧のかたみ」「天球儀の海」に続くシリーズ第3弾。

―― 帰る故郷はない。でもペアがいる。

太平洋戦争中期。
婚約者に逃げられた谷藤十郎は、外聞から逃れるように志願したラバウル基地で
高速爆撃機・彗星と共に着任した優秀で美しい男・緒方伊魚とペアになる。
伊魚は他人を避け、ペアである藤十郎とも必要最低限しか話さない。
しかし、冷たいようで実は生真面目で優しい男を、藤十郎は嫌いになれなかった。
そんななか、不調続きの彗星は偵察機の転用を命じられるが――。

彩雲の城 (Holly NOVELS)のKindle版

ツイートする