金融屋―借金漬けにされる消費者たち

  • 14人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 笠虎崇
  • 彩図社 (2007年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883925995

金融屋―借金漬けにされる消費者たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元社員が語る消費者金融、衝撃の実態
    最初に言うておく……借りたら死ぬで!

    先に読んだ同じ著者の『アイフル元社員の激白―ニッポン借金病時代』と概ね同じ内容だった。
    著者は元社員であるだけあって具体的な話がたくさんあった。参考になった。
    一時期のCMの多さがその業界の隆盛を示している。
    法改正に伴って、弁護士事務所の過払い金返還のCMも5年ほど前すごかった。
    自分だけは大丈夫などと思わず、お金は計画的に使わなければならない。

  • 結局本来の自分を見失い現実レベルでの後先を考えずに背伸びをして金を借りる馬鹿が悪い。
    人間自分の程度に見合った生活水準で生活することが要。

  • 著者の基本的なスタンスとしては消費者金融寄りなのですが,その立場からの考えも充分に知っておくことが,仕事上大切だと思い,手に取りました。それほど目新しい事柄については語られていなかったように思いますが,本書をサラ金に手を出す前に読むと,少しは思い止まる気持ちが出てくるかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

金融屋―借金漬けにされる消費者たちの作品紹介

貸し出した金は、10億円!平均金利は16%!
某大手消費者金融でトップセールスマンだった著者が明かす、サラ金の舞台裏。そこは人々が金に狂い、金に踊らされるすさまじい世界だった……。
具体的なエピソードを通して、サラ金のカラクリを解説。
おそるおそる覗いてみたい「多重債務者の末路」、同じ年収でも評価が違う「サラ金の審査の秘密」、これまでベールに包まれていた「取立ての実態」、絶対に成りたくはないが知っておきたい「多重債務者の成り方」、そして業界内で横行する「キックバックについて」などなど、サラ金業界の衝撃の裏話が満載。
これでもあなたはお金を借りますか!?

金融屋―借金漬けにされる消費者たちはこんな本です

金融屋―借金漬けにされる消費者たちのAudible版

ツイートする