すらすら読めるドストエフスキー

  • 18人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桃井富範
  • 彩図社 (2009年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883926732

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すらすら読めるドストエフスキーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界文学の最重要人物である作家・ドストエフスキーの作品はその難解さから敬遠される傾向が最も多い 作品でもあります。そんなドストエフスキー作品や背景を分かりやすくまとめたのが本書であると思います。

    本書はドストエフスキーが人生の後半に著した『五大長編』を中心に、詳細な解説を加えたものです。今まで読んだことがあるものもあれば、まだ読んでいないものもあったわけですが、筆者の詳細な研究には本当に頭が下がる思いでページをめくっておりました。巻末に掲載されている筆者の経歴を読んでみると、北海道大学の大学院を卒業し、高校図書局在職中にドストエフスキーの作品と出会い、以後情熱を持って、その作品世界を研究しているのだそうです。

    これを読み終えた後に、僕は筆者の主催するHPにも行った事がありますが、筆者の卒業論文(『カラマーゾフの兄弟』がテーマ)などがアップされており、とても面白かったです。ドストエフスキーの作品の読破を阻害する要因として、
    ・物語がとてつもなく長い。
    ・登場人物の名前が良くわからない。
    ・舞台になっている19世紀のロシアの社会や風俗になじみがない。
    ・ルーブルやコペイカというロシアの通過が現在の価格に換算するのが体験
    他にも様々ものが想定されますが、それらにも詳細な解説や、『五大長編』に至っては登場人物の相関図までが掲載されており、読んでいる途中で迷った際にはこの箇所を紐解くと、疑問が一瞬に氷解します。

    さらに、作品内に頻出する『決闘』やロシア正教の『イコン』ロシアの料理である『ロシア風カツレツ』などの風俗や文化の解説。そしてドストエフスキーの生涯や、彼の編み出した小説手法にも言及されていて、とても面白かったです。僕も今後はドストエフスキー作品を読んでいて困った際は本書を読んで、理解に務めたいと思っております。

  • 罪と罰、白痴と読んでみて、
    私に作品の良さがわかるだけの素養がない、
    と強く感じた。

    特に
    同一人物に対する複数の呼び名、
    宗教や思想に関する会話、
    がピンと来ない場面が多かった。

    この本は私のために書かれた!
    と感じるほどに、
    自分のニーズに合った本と言える。
    当時ロシアの時代背景など、
    この本で得た知識やイメージを持って、
    残りの三大作品を読んでみようと思う。
    楽しみになってきた!

全2件中 1 - 2件を表示

すらすら読めるドストエフスキーを本棚に登録しているひと

すらすら読めるドストエフスキーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

すらすら読めるドストエフスキーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すらすら読めるドストエフスキーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すらすら読めるドストエフスキーの作品紹介

世界的に「傑作」の呼び声も高いドストエフスキーの作品。しかしいざ読んでみると、あまりの読みにくさに途中で挫折してしまう……。
そんな人の強い味方になるのが本書だ。面倒な人物名をすっきり整理した事典や、わかりにくいポイントの解説があれば、ドストエフスキーもすらすら読める! 挫折した人も、読んだことがある人も、必携の1冊。

すらすら読めるドストエフスキーはこんな本です

すらすら読めるドストエフスキーのKindle版

ツイートする