酷道を走る

  • 64人登録
  • 3.06評価
    • (1)
    • (2)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 鹿取茂雄
  • 彩図社 (2009年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883927029

酷道を走るの感想・レビュー・書評

  • 面白い内容だが、著者はかなり無茶をしているので、真似はやめておこうと思う。

  • 山登りを趣味にしていると、時としてとんでもないところに登山口があって、山自体よりもそこへいたるまでのドライブの難易度がやたら高かったりすることもある。

    例えば四国剣山登山口なんかはバスと出会うとアセるぐらいの細い道。出来ればこういう道は走りたくないもんだと、運転があまり得意ではない俺はいつも思うのだけど…

    おるんやねぇ、こういうとこを走るのが趣味の人。しかも通行止め看板があっても進む人。事故があってからでは洒落にならんと思うのだけどなぁ。地元の警察や有志の救助隊にも大きな迷惑かかるだろうし。

    賛同できかねる部分はあまたあるけど、ダラダラ読んでる分には楽しい旅本である。もっとも歩いて制覇してみたいとか思ってしまう俺は、著者よりM度(マニアックやで、マゾちゃうで、念のため)高いのかもなぁ

  • 国道なのに酷い道=酷道を走破することに執念を燃やす「酷道マニア」の記録。そんなマニアがいるなんて世の中は広いなあ。ただの「林道マニア」ともまた違うらしい。

    岐阜県在住だという著者は、免許とりたての初ドライブで、よりにもよってレンタカーのシーマでしかも深夜に「危険!落ちたら死ぬ!」という看板で有名な酷道157号に突撃してしまったという。それがきっかけなのか何なのか、以来すっかり酷道ドライブにハマってしまい、暇さえあれば酷道を求めて日本全国を走り回っているのだとか。
    侵入禁止のバリケードがあっても「これぐらいだったらどかせば進める」とか、意味不明な行動力が読んでて笑える。暇つぶしにはもってこいの本。

  • ここまでではないが、ドライブがてら近県の幹線でない山道を走るのが好きだったので共感。

    途中、ちょっとダレるが、一気に読了した記憶。

    しかし、俺がよく走る中国地方東部、近畿地方が無いのが残念。
    広島、島根まで遠征してみる??

  • 自分もなかなかの国道マニアだと思っていたが、まったくもって次元が違う国道もとい酷道を走った記録を書いている。

    筆者が最初に走った157号などは可愛そう。

    将来、四国の八十八か所をめぐろうかと思っているが、その際には、地方の国道は油断をせずにきちんと走ろうと思う。

    旅の記録はきちんとつけよう。そう、改めて感じさせてもらった本です。

  • 国道に制定されている道路でありながら荒廃が進み走行困難な道を著者とチーム酷道のメンバーで実走した記録をエピソードを交えながら書いている。文章中心の内容ではあるが、酷道を表現するにふさわしい「ガレる」などの専門用語も織り交ぜつつ、冷静に状況を判断しながら走破していく姿(彼ら自身は命がけである)がよく描かれている。臨場感があり大変面白く読める。

  • 全国に広がる大々的な道路網。しかしそのすべてが快適に走れると思ったら大間違いだ。 ダートでドロドロ、ガードレール皆無なのはあたりまえ。それ以上の、命の危機を感じる危険が国道には数多く潜む。 そんな「国道」ならぬ「酷道」を走破した記録とノウハウが詰まった1冊。

  • 21年9月
    買ってまで読むのは微妙な気もしますが、
    ダラダラ娯楽で読むにはまぁ。

    岐阜県の方が書いてるんですね。いきなり157号で笑った”

全9件中 1 - 9件を表示

酷道を走るを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

酷道を走るの作品紹介

全国に広がる大々的な道路網。しかしそのすべてが快適に走れると思ったら大間違いだ。
ダートでドロドロ、ガードレール皆無なのはあたりまえ。それ以上の、命の危機を感じる危険が国道には数多く潜む。
そんな「国道」ならぬ「酷道」を走破した記録とノウハウが詰まった1冊。
地図もついているので、ドライブにも必携!

酷道を走るはこんな本です

酷道を走るのKindle版

ツイートする