毒のいきもの

  • 24人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 北園大園
  • 彩図社 (2010年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883927616

毒のいきものの感想・レビュー・書評

  • 欲を言えば、イラストはカラーが良かったかな?著者が、ライター兼サラリーマンって紹介も良かった。陸上の生き物では『トガリネズミ』の解説が本当に笑えた。水中の生き物は『カモノハシ』の小芝居かな?毒キノコはやっぱり『ベニテングダケ』だよね(笑)「こんなマリオに登場しそうなキノコが体にいいはずはないのだ」って。面白かった〜

  • 読書録「毒のいきもの」3

    著者 北園大園
    出版 彩図社

    P14より引用
    “まずいきなりひどいのが、ソレノドンはまっすぐ歩くことすら
    ままならない。”

     目次から抜粋引用
    “陸上の毒のいきもの
     水中の毒のいきもの
     毒の昆虫
     毒の植物・毒キノコ
     毒はないけど怖いいきもの”

     ライター兼サラリーマンである著者による、世界中の毒を持つ
    生物を紹介する一冊。
     マムシから限りなく怪しいスローロリス有毒説まで、ジョーク
    を効かせた文章に細密なイラストを添えて書かれています。

     上記の引用は、絶滅寸前の珍獣・ソレノドンについて書かれた
    項での一文。よったようにフラフラと歩き、危機に際しては頭を
    隠すだけとのこと。かなり古い種の哺乳類だと聞いたことがある
    のですが、爬虫類や両生類や昆虫でも、まっすぐ歩くくらいは上
    手に出来ると思います。進化の段階から言って、もう少しがんば
    れと応援したくなります。
     うめやジャガイモ等身近な食べ物にも読破含まれているような
    ので、食べ方はしっかりと学んでおかなければいけないなと思い
    ました。

    ーーーーー

全2件中 1 - 2件を表示

毒のいきものはこんな本です

毒のいきものの単行本

ツイートする