労役でムショに行ってきた!

  • 24人登録
  • 3.56評価
    • (0)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 森史之助
  • 彩図社 (2010年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883927746

労役でムショに行ってきた!の感想・レビュー・書評

  • 「懲役」ではなく「労役」で、刑務所に入った著者のルポ。
    バカなライターが金稼ぎに刑務所に潜入ルポ!ってドヤ顔で入ったのかと思っていたら、金を稼ぐどころか・・・orz・・・なルポです。意外(?)に反省されているようで、少しほっとしました。

    懲役を受けた方の刑務所ルポやノンフィクションは多々あるでしょうが、労役でムショ生活をし、ルポにしたのはもしかして著者が初めてなのでしょうか。懲役囚より労役囚の方が刑務官に煙たがられているようだ、などの理由は、なるほどでしたし、その他懲役囚と労役囚の待遇の違いを知るのは興味深かったです。

    懲役にしろ、労役にしろ、お尻の穴まで見られるのは確実のようで(男性は男性器も。女性は・・・?)、それだけでも、犯罪は割に合わないなと再度痛感させていただきました。

    すぐに読み終われて、なかなか楽しかったです。

  • 罰金が払えない場合に採られる労役という制度は、ほとんどの人には縁がない。刑務所に入って拘禁されるくらいなら、何としても罰金を払おうとするだろうから、罰金刑よりも労役の方が珍しいだろう。
    本書は、敢えて労役を選択した元記者の実体験ルポである。
    確かに、労役は珍しく、懲役とはやや異なる処遇やシステムになっているようだが、刑務所内での拘束という点では、懲役とそれほどは違わないようだ。その意味では、本書でも掲げられている幾つかの先行本があるし、比較的最近では、山本譲司の「獄窓記」など本人の内面にまで踏み込んだ迫力ある刑務所体験記がある。また、刑務所ではないが、佐藤優の「国家の罠」や田中森一の「反転」などは、拘置中の生活や心理状態のほか、検察官による取り調べの方法まで含んでいて、より面白い。
    そういう体験記と比較すると、書物としての迫力というか、中身の濃さが不足するようにも感じられるが、それでもなお、多くの人が経験することのない貴重な体験記の一つとは言えるだろう。わざとだと思うが、タッチも軽めで、読みやすいと言うと語弊があるかもしれないが。
    労役を終えたものの、働き口がなく、生活保護に頼らざるを得なくなった著者が再び執筆の世界で活躍できるようになることを祈りたい。

  • 知られざる刑務所の生活…。刑務所のなかでの人間関係、また社会更生のための仕事の時給など面白情報!!

    生協学生委員会co-opGirlsお勧めの書籍です。

  • 飲酒運転の罰金が払えずに、労務で刑務所に入った著者によるルポルタージュ。
    そもそもが「やむを得ず」ではなく、好奇心なのか仕事に結びつくと考えたからなのか、
    好きで(は言い過ぎだが……)入っているため(しかもたった50日)、
    ところどころに出てくる「シャバが懐かしい」とか「メシが不味い」などの感想も
    あまり説得力を持たない気がする。
    しかし、それを除けば素直でていねいな筆致で、ムショの中の様子もわかりやすいし
    人間模様も透けて見えてくるため、まあ面白く読める。


    ……と、考えていたが、最後まで読んで感想が変わった。

    著者はジャーナリストとして仕事に困り
    (たとえ優秀な人でも、いまフリージャーナリストは本当に仕事がない)、
    テレアポの仕事で糊口をしのぎ、借金を少しずつ増やしてきた。行き詰っている感じを受ける。
    だから、メシの種になりそうなことは何でもするし、ジャーナリストとして再生したいと
    あがいているのかもしれない。
    そのあたりの状況も克明に書かれているため、なんというかメタ的な側面も持った
    不思議なルポになっているのだ。

    結果、著者の人生との格闘の記録は、無事本として出版された。
    自らの体験が、ちゃんと身を結んだわけで、実現にこぎつけた行動力や縁は本当にすごいと思う。
    著者の今後の活躍を祈りたい。

全4件中 1 - 4件を表示

労役でムショに行ってきた!はこんな本です

労役でムショに行ってきた!のKindle版

ツイートする