32歳までに知らないとヤバイお金の話

  • 151人登録
  • 3.51評価
    • (8)
    • (11)
    • (14)
    • (5)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 岡崎充輝
  • 彩図社 (2011年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883927937

32歳までに知らないとヤバイお金の話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・ブライダル:結婚433万、ご祝儀223万
    ・家:4000万、2.4%35年、6650万円。賃貸5880万。残された家族に残る
    ・15%を貯蓄に回せるくらいの、住宅ローン額に
    ・出産:48万
    ・教育:1600万/人、大学まで。
    ・要介護で18万/月。期間も長い。

  • 大事な話なのはわかるけど、なかなか難しい内容だった。一度読んだだけでは身につかないと思う。
    この先、お金に関して「こんなときどうすればいいんだろう」「なにか使える仕組みはないか」と悩んだときに読み返すといいかもしれない。

    「お金のことはちゃんと知らないとヤバイな」という気持ちだけは確かなものになった。

  • 結婚、出産、相続、税金、マイホームなどこれから人生を過ごす上で切ってもきれないお金。
    少しでもお得にできる方法など記載されている。
    別に全部記憶しておく必要はなくても、少しこんなことができるなとか覚えておくだけでもいざという時に役に立つだろう。

  • 特に見新しい内容はない

  • 結婚もして子供もできたので、この先のお金について考える必要があると思い購入。保険については少し考えさせられた。

  • 知ると知らないではお金との付き合い方が変わるという本。

  • 結婚、子育て、マイホーム、保険、親の介護や葬式、税金、年金、資産運用、セーフティネットについてわかりやすく解説。今まで知らなかったし知ろうとしてこなかったお金のことでいっぱい勉強になったし、自分らの年代に当てはまる具体例で説明してくれたのがありがたい。

  • p48
    意外と知られていないのですが、子どもの医療費の助成については、まだまだ住んでいるところによってバラバラなのです。
    例えば、東京都の場合は、23区は中学生まで入院・通院ともに患者負担分を全額助成、所得制限なし。家族の年収がいくらであっても、中学校を卒業するまでは医療費がタダというわけです。
    しかし、同じ東京都でも、多摩地区の多くは、入院は中学生まで無料、通院は小学校就学前までは無料ですが、それ以降中学生までは自己負担200円がかかります。また所得制限もあるので、年収が高い場合は、こういった助成制度を受けることができない場合もあります。
    つまり、同じ都道府県内でも、区市町村が違うと助成の中身が違うということがポイントなのです。
    まt,あもし万が一、授かった子どもに障害があった場合なども、住むところによって助成の内容が全然違います。
    たった数キロ、たった一駅の違いで、受けられる助成の内容が違うかもしれないのです。

    p72
    ・入院時食事療養費 
    このおかげで、一般的に、私たちは1食260円以上を払う必要はありません。

    p81
    ・損害保険
    ほとんどの家・自動車の保険の支払い事由から地震は除かれています。

    地震による被害が支払いの対象となる保険は実は、地震保険だけなのです。
    p82
    地震保険は、火災保険に加入している家だけが加入できる保険です。保険金額は火災保険の保険金額の30%から50%に相当する金額の範囲内となっています。

    p92
    ・葬儀費用
    財団法人日本消費者協会「第8回葬儀についてのアンケート調査」(平成19年)
    ・お墓の関連費用
    都立八王子霊園(平成22年公募)
    一般社団法人・全国優良石材店の会「お墓購入者全国アンケート調査」(平成20年)

    p124
    簡単に控除額を増やす方法は、扶養家族を増やすことになるのです。

    p125
    税金のルールでは、扶養家族とは「生計を一としている者」となっているわけですが、この「生計を一とする者」とは、必ずしも同居えなくてもいいのです。

    余暇には起居を共にすることを常例としている場合や、常に生活費、学資金、療養費等の早期が行われている場合には、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

  • お金のことを何も知らずに生きていくのはすごくリスキーだし損だなって思った。
    逆に知っていると安心できるし人生設計にとても役立つ。

  • 32歳はすぎちゃったが、コンビニで見つけて衝動買い。
    最近、不動産投資の話だったり、投資信託の話のお誘いがやけに多いので、久しぶりにこの手の本を読んでみました。

    以下の様な人生では欠かすことのできないお金の話が凝縮されてます。
    ・結婚
    ・子育て
    ・マイホーム
    ・保険
    ・親の介護
    ・葬式
    ・相続
    ・税金
    ・年金
    ・資産運用
    ・セーフティネット

    ただ、一冊の本の200ページちょっとの本にこれらを凝縮させてるため、
    一つ一つの説明は薄いです。

    広く浅く、人生のお金に纏わる話を知りたい時には良いかもしれませんが、
    ちゃんと理解するにはそれぞれの項目で一冊本が出来上がってしまう。
    あくまでの概要のみと言うことで。

    よくまとめられてはいるが、数字や用語が多いので、
    この手の本を読んだこと無い人には、すんなり頭に入ってこないかもしれない。

    『生命保険』に加入する事を以下の様な『命をかけたギャンブル』と表現しているのが面白かったので、少し引用を。

    『例えば、30歳の男性が、40歳までに死亡すれば1億円の保険金が支払われる生命保険に入ったとしましょう。毎月の掛け金は1万円。ギャンブルに例えると、毎月1万円のチップを支払って、自分が死ぬ方にかけているということになります。40歳までになくなればあなたの勝ち、40歳までに亡くならなければ、保険会社の勝ちです。』

    なるほど。お金の視点だけで見れば、自分が死ぬ方が勝ちってことねw

全16件中 1 - 10件を表示

岡崎充輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
松下 幸之助
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

32歳までに知らないとヤバイお金の話に関連する談話室の質問

32歳までに知らないとヤバイお金の話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

32歳までに知らないとヤバイお金の話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

32歳までに知らないとヤバイお金の話はこんな本です

32歳までに知らないとヤバイお金の話のKindle版

ツイートする