大失敗にも大不況にも負けなかった社長たちの物語

  • 54人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 柴崎伴之
  • 彩図社 (2011年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928101

大失敗にも大不況にも負けなかった社長たちの物語の感想・レビュー・書評

  • 超一流の起業家の一生を伝記風にまとめた本

    どの起業家も、一度や二度は大失敗をしてどん底の時期を経験している。
    そこから這い上がって世界にも歴史にも残る企業を作ったことに勇気づけられる。

    本田総一郎さんが退職後全国すべての営業所を訪問した話、
    裏切られても夢を貫き、アニメと遊園地に革命を起こしたディズニー
    不良社員から阪神帝国を創り上げた小林一三
    いわずと知れたスティーブジョブズ
    彼らの人生にいろいろ教えられた。

  • 国内、国外あわせ10人の経営者が出てくるが、ひとりとして順風満帆に直線的に成長していった人はいない
    みな等比級数的に、ある期間を境にドカンと伸びたような印象を受ける
    もちろんそれはそれまでの下積みとか苦労があったからなのだけど

    読んでいてひとつ気付いたのは、みな強烈な「失敗」体験を持っているということだ
    (コンプレックスと言い換えてもいい)
    それは、たとえば受験の失敗だったり、経営の失敗だったり、または女性であるという(当時としての)ハンディだったり、親に捨てられたこと過去だったり、敗戦だったり…

    そういった失敗の記憶がみな強烈に刻み込まれているのだ
    それを引け目に感じて腐ってしまうのか、またはエネルギーに転換して燃やすのか、そこが凡人とこれら偉大な人のもっとも大きな違いでなかろうか。

  • コンビニで見かけて購入
    暗くて生きづらい世の中を打ち破れるんじゃないか
    そんな力をタイトルに感じた
    カーネルおじさんは意外に苦労人だったり
    10人の経営者が出てくるんだけどみんな飛び抜けた才能があるんだなって思った
    ヒーローがピンチにおちいるけど強力な武器や必殺技で突破していくような
    すごいなと思う反面、自分にはないなという残念な気分にもなった

全3件中 1 - 3件を表示

大失敗にも大不況にも負けなかった社長たちの物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする