世界中で危ない目に遭ってきました

  • 49人登録
  • 3.41評価
    • (0)
    • (7)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 荒井奈央
  • 彩図社 (2012年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928705

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
桜木 紫乃
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
三谷 幸喜
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

世界中で危ない目に遭ってきましたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 姉から拝借。

    「旅行記」というには枠からハミですぎていて、いつかTBSのクレイジージャーニーにお呼ばれしないかと楽しみに待っております。
    ハードな内容もこの文才だから面白おかしく読めてしまうのかなと。よくこれだけの危ない橋を渡って大きな事故や事件に巻き込まれていないのかミラクル具合が不思議でならない。
    元マフィアの彼女で現映画監督の斉藤さんについてはネット検索したところ自主制作映画で海外の何かの賞を2年前に受賞していて、みんなみんな逞しいなあと感心しきり。

    「漂えど、沈まず」
    また書籍を発表してほしいものです。

  • わたし自身、海外旅行は1人で行くと決めて今や8カ国を回っている。海外に行くと様々なトラブルやハプニングがありそれらを経験してるものの、悔しいがこの本はその上を行くかなり面白い内容である。

    最初は、
    わたしは普通の旅行者では行かないこんなとこに行って、他の人じゃこんな経験してないでしょ〜のような自慢とも取れない内容だけかと思っていたが、この"昔悪だった武勇伝"とは感じずに面白ばなしを取り上げている。最後までのめり込んで読んでしまった。

    "危ない目その9"がかなり面白い。日常で出会ったことのない情景を思い浮かべながらかなり笑ってしまった。麻雀のルールがわかればなお面白いのかもしれない。

    この本で1番いいと思うのは、最後の最後ではかなり考えさせられること。結局のところ、人間は鳥のような帰巣本能があり、生まれ故郷を想う気持ちはなくならないということかもしれない。

    海外での行動力は日本でのそれとは異なる資質が必要と思っているが、それは経験値もさることながら、その人がどう生きてきたかがかなり大きな要素となると感じた。こういう世界もあるのか、それが本書を読み終わった率直な感想である。

  • 「危ない目に遭ってきた」というよりは「危ないことをしてきた」という感じかな。
    ホントに世界の裏側ばかりをユーモアたっぷりに書かれています。(そのほとんどが下ネタや麻薬ネタ)逆に好奇心だけでここまで危ないことに首を突っ込める著者を尊敬するほど。危ない事好きギャンブル好きがひしひしと伝わってきました。(そこ?)

  • そっくりな知人がいます。愛称: ニャオもそっくり!

全4件中 1 - 4件を表示

世界中で危ない目に遭ってきましたに関連する談話室の質問

世界中で危ない目に遭ってきましたを本棚に登録しているひと

世界中で危ない目に遭ってきましたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界中で危ない目に遭ってきましたを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする