働く、ということ ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―

  • 37人登録
  • 3.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐藤仙務
  • 彩図社 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928934

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
佐々木 圭一
滝口 悠生
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

働く、ということ ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雇ってくれるところが無いなら自分で会社を興す

    そして将来的には同じように重度の障害を持っている人に雇用の機会を与えたい・・・

    まだ10代なのになんてしっかりしてるんだろう

    自由に動ける身体をもっているのに自分は何をしてるんだろうって自問自答させられるよ

  • 思っていたより、いい本。松元とは仲が良いわけではない。というのがしびれた。

  • 文字も大き目でとてもよみやすいです。
    ルビ付きなら小学校高学年からおすすめしたいところ。
    中学生から。

  • 閲覧室  916||サト

全5件中 1 - 5件を表示

働く、ということ ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする