教科書には載っていない! 幕末の大誤解

  • 68人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (3)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 熊谷充晃
  • 彩図社 (2013年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883928989

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

教科書には載っていない! 幕末の大誤解の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔コンビニで買った本。を読まずに積んでいた。

    歴史を掘り下げるとその当時の人の必死さがわかって為になる、面白い。
    特に神奈川湊を開国の港にせず、横浜に町作って住ませる、などというスケールのでかい話をやり遂げて成功させることは愉快でよい。極限の状況で決断行動するその時代の人には敬意を評したい。

  • 知らなかったことがたくさん書かれていて興味深いかった。龍馬の印象もだいぶ変わると思う。司馬遼太郎氏に創られた印象が強いんだろうな。なかなかいい本でした。

  • 2015年11月20日伊勢BF

  • 幕末の有名無名織り交ぜた多数の人物伝。唖然とする位ドラマチックな話ばかり。三斗小屋温泉の人肉や拷問の話はもう戦争や暴力は心の底から嫌だと改めて思った。

  • 時代小説のフィルターを外せば、こうなるんだろうな。

  • 誰かの書いたあれやそれ、美化されるものばかり見てはいけないのだと感じた。

  • コラムを集めたような、短い読み物集なので、サクサク読めました。
    1項目辺り5ページくらいなので、読みやすいです。

    内容的にも難しすぎず、いいバランスでした。

  • 本当に衝動買いしてしまった1冊。
    もともと幕末維新史は好きで、特に司馬遼太郎氏の作品は数多く読んでいます。
    実際の歴史はこんな格好いいものばかりではないだろうなあと思いつつも、激動する時代に行動する人たちの姿は、現代に勇気を与えてくれ、参考になるべきことも多々あると思います。

    この本は、やや英雄視されつつある幕末維新の登場人物の実態に迫った興味ある作品です。本当にこの時代が好きな人は読まないほうがいいかもしれません。
    歴史は、見る視点によって解釈は違うものです。
    いろいろな視点で見ることで、歴史の深みを知り、さらに歴史を学ぶことの大切さを考えていきたいものです。

    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・歴史とは多方面から見ることで真実に近くなる。
    ・視点を多く持つことは、歴史解釈に限らず、どんなことにも有効。

  • 時代の流れを説明するものでなく、多くの書籍に書かれていふ幕末の人物を本当はこういう人です。
    とアバウトに説明しているものです。
    だからヘェ〜と感じて読み終わる程度ですかね…。

全10件中 1 - 10件を表示

教科書には載っていない! 幕末の大誤解を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教科書には載っていない! 幕末の大誤解を本棚に「積読」で登録しているひと

教科書には載っていない! 幕末の大誤解はこんな本です

教科書には載っていない! 幕末の大誤解のKindle版

ツイートする