ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話

  • 16人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 倉松知さと
  • 彩図社 (2013年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883929603

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    魑魅魍魎的な話かと思ってたら、ちゃんとした歴史の話。
    血塗られた歴史や逸話など、京都ならではの話が満載。
    読みやすかったし、手軽に読めて良かった。

  • 同僚から借りた。
    京都の名所に伝わる怖い話を集めたもの。伝説と怪談話ではなく史実に基づいた話。これだけの話題があるのは、長きにわたって都であった京都ならではか。おもしろい。

  •  京都にはまだまだ隠された歴史的事実が数多く残っていることだろう。権力支配のさなか干された事実がこの国によみがえることがあればいったいどうなることだろう。もしこの国がひっくり返るほどの裏事実が見つかることがあれば面白いのだが

全3件中 1 - 3件を表示

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話を本棚に登録しているひと

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話を本棚に「積読」で登録しているひと

ガイドブックには載っていない 本当は怖い京都の話はこんな本です

ツイートする