整理の技術

  • 51人登録
  • 3.17評価
    • (2)
    • (2)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 坂戸健司
  • すばる舎 (2004年2月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883993338

整理の技術の感想・レビュー・書評

  • 片付けられない男である。捨てられない男でもある。が否応なしに方付けなくてはいけない時が来る。机の上も部屋の中も心機一転してみたいものである。

  • 本日ご紹介する本は、

    いつもやらなければ。。。
    と思いながら、なかなかできない「整理」
    に関する本です。


    本書では、物の整理だけではなく、
    「物」、「情報」、「時間」の整理について
    書かれています。

    「物」に関しては、
    オフィス環境、机まわり、引出しなど
    具体的な項目について、
    どのようにすればいいかが書かれています。

    この通りにするのがいいとは限りませんが
    自分に合ったところを取り入れるのがいいと思います。




    「情報」に関しては、
    どのように、情報をインプットし
    保存しておくのか、といったことが
    書かれています。

    アウトプットについては
    あまり触れられていませんでしたので
    アウトプットの具体例まであれば
    より良かったと思います。




    「時間」に関しては
    主に、ダンドリや有効な時間の使い方
    に関することが書かれています。

    私が得に感じたのは
    「費やす時間を決めてから
    作業に取り掛かる」
    というところです。

    なんとなく順番に仕事をやっていますと
    かかっただけ時間を使ってしまいます。
    そして最後、納期間際にあわてることになります。

    常に、
    この仕事は○○時間で終わろう。とか、
    この作業は○○時までに終えよう。
    といった意識を持ってから
    仕事に取り組むことが重要だと思いました。



    ・探し物にかかる時間を減らす
    ・情報を入手するための時間を減らす
    ・時間をムダに過ごさない工夫をする
    「整理」とは、見た目もありますが
    時間を大切にし、より有意義に毎日を
    過ごせるようになることです。

    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    整理ができない人は、情報を有効に活用することもできない
    雑用をどうこなすかで、仕事や家事のスピードは大きく違ってくる
    できることから手をつける。きちんとやろうとしない。
    一般的なものの見方、消費者の視点でものごとをとらえ1日を振り返り「日記」を書く
    「仕上がりをイメージできているか」がポイント
    最初に決めたダンドリと違っても、決めたことにこだわりすぎない
    費やす時間を決めて作業に取り掛かる
    ムダな時間がなかったか、振り返ってチェックする
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆

    第1章 いったいなぜ整理できないのか?
    第2章 「物」と「机回り」をどう整理するか?
    第3章 情報の整理&活用をどうするか?
    第4章 「時間」をどう整理するか?
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/47978dec2108c0f8.png



     

  • 整理法の基本。今ではそれほど新しい内容ではないので、少しだけメモ作成して廃棄。基本を見直すにはよい本

  • 自分の周りを整理することは仕事の効率アップをはかる上で重要です。私はどうもこういう本を読むのは性に合わないみたいです。

  • 探し物の場所がわかれば、もの探しの時間が限りなくゼロに☆
    引き出しの中を工夫(ちゃんと区切る)
    メモに日付を!

全7件中 1 - 7件を表示

整理の技術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

整理の技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

整理の技術のオンデマンド (ペーパーバック)

整理の技術のKindle版

ツイートする