速読勉強術

  • 327人登録
  • 3.46評価
    • (18)
    • (39)
    • (70)
    • (10)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 宇都出雅巳
  • すばる舎 (2007年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883996001

速読勉強術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背中を押してくれる本。
    この本の勉強法を試せば、どんな方でも短期間で知識が身に着く。

    方法はたった2つ。

    「早く読む」
    「何回も読む」

    これが出来ればok。
    簡単に書いてあるけど、これが出来るようになるには少しコツがいる。
    でも出来ればどんな勉強法にも使える。
    その方法は全部わかりやすく書いてある。

    自信に一歩背中を押してくれる本。

  • 著者の数ある著書の中でも、総論的な本。
    何を勉強するかっていうところから始まるので、「まず最初の一冊」的な位置付けなのかな。

    高速大量回転法ってのは、個人的にはすごく理想なんだけど、なかなか勇気もいると思う。
    ただ、やるべきことを絞るのってめちゃくちゃ大事なんですよね…
    過去に上手く行った試験とか思い出すと、ほぼ例外なく、何かしら絞られた素材ができて、それをひたすらこなすっていうやり方をしてたから。
    そういう意味では、「無意識のうちにやってた成功例を意識的に取り組んでみよう」というのが、裏にあるような気もする。

  • 1:高速大量回転法の原則
    A:速く読むから理解できる。
    B:一回目よりも二回目のほうが速く読める。

    2:本を読むという事は忘却とのたたかいである。
    読んでも忘れてしまう。どうせ、時間をかけて読んでも忘れてしまうなら、「速く何度も」読むことが理解するためにプラスとなるであろう。

    3:ついつい読みを止めさせる不安の正体
    それは「わからないことに対する不安」である。
    速く読むとわからないことがたくさん出てくる。おそらく頭に全く入っていないように思う。そういう状態に人は慣れていない。そのままにできない。わからなくても構わないと言い聞かせてもどうも割り切れない。高速回転で読むには「わからないことの不安」は一切なくすべし。
    「営業」と似ていることは、一軒の営業先でつまづいて悩んで落ち込むよりも、たくさんの顧客とどんどん接していくことで打開されるというもの。どんどん進む、わからない、悩まないで進むこと。

    4:高速大量回転法で実践すべき4つ
    A:回転する範囲を絞り込む
    B:実質勉強時間(頭に入った量)を増やす
    C:絶対的勉強時間を増やす
    D:勉強時間の質を上げる

    5:見なくてもすっかり定着した本の部分は・・・
    想いきり、大きくバツ印をつける!丁寧に塗りつぶことはなく、ページ単位で大きくバツをつける!

    6:目次は復習に大きな役割を果たす
    テキストをしっかりと勉強し理解したあとで目次を眺める。すると、その目次はいろんなことを語ってくる。読了後に目次を眺めて記憶力テストをすることも良い

    7:知識記憶を「経験記憶」に変えていくことが必要
    単なる知識を、しゃべる経験と結び付けて「経験記憶」となるとより思い出しやすい。

  • 高速回転勉強法という事を、この本ではじめて知った。壁塗り法という事で別の本にも紹介されているが、良いテキストを繰り返し行うという勉強法は時間のないビジネスマンにとって、この勉強法を知らない人とは差がつく勉強のコツだと思う。ただ、この本は繰り返しは読む必要はない。

  • 実際に僕が実践していることが書かれた勉強本。

    一番シンプルで効果が出た勉強法が書かれています。

    誰でもできる勉強法が書かれています。

    ただ、これをやり続けるのが難しいんですけどね(笑)

  • 読みたい本がたくさんあるので、スピード上げたいと思って借りた。
    とりあえず、速く何回も読めってことが書かれていた。
    目次から読むことや、学ぶことの意義や動機づけの方法、などは自分は知ってたので、図書館でさらっと読む本だと思った。
    読書初心者向きかもしれない。
    でも、速読の方法は簡単だけど、良い方法だと感じたので、実践していきたい。

  • まずは動機の確立からスタート。それから勉強法「高速・大量・回転」。それに加えてテキストの使い方、記憶の整理術。概ね納得したけど数式の多い理工系の専門書にこの方法が使えるか疑問。さぁ2回目読むぞ。

  • 読書、勉強の効率化の4つのポイントについて

    1、勉強時間をあげる(ながら時間、隙間時間)
    2、時間の効率化 (集中する:深呼吸)
    3、時間の効率化  (探す時間をへらす、段取りよくやる、マジック色ペンをつかって探しやすくする)
    4、範囲を絞り込む(これときめたら、あれこれやらない)

    所用読書時間 約2時間

  • 何度も繰り返す勉強法
    やっぱり色々と気になってしまいそう
    でもやってみてもいいかとも思います。

  • なんで子供の読書スピードが遅いのかわかった気がした。
    1度目はわからないものは、そのままにして読む。
    つっかえるから遅くなるし流れがわからなくなるんだよね。って英語の長文にも繋がる事か。速読の本ではありません。勉強法の本です。

全46件中 1 - 10件を表示

宇都出雅巳の作品

速読勉強術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

速読勉強術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

速読勉強術を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする