まずは、「1社3年」働いてみなさい!

  • 29人登録
  • 2.53評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (6)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 樋口弘和
  • すばる舎 (2008年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883996957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

まずは、「1社3年」働いてみなさい!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入社当初に読んだ本。
    当たり前の事が書かれている。

    三年以内で辞めたら、次の会社でロクな評価がもらえないよ。だから、辛くても自分を磨きなさいと。。

    それを、人事のプロが直接いっている訳だから、その通り。と。。

    私の中では、別書「三年で消えた若者は、どこへいったか」の方がいい形で刺激された。

  • どこかで聞いた覚えがあるようなタイトルだったので。

    全体を通して何を言いたいのかがよく分からなかった。
    「1社3年」働くとこんな良いことがありますよ~というのは書かれているが、
    転職するとなぜ「こんな良いこと」が享受できないのかは書かれていないのだもの。

    特に訓辞を引き出しているわけでもない著者の仕事歴エピソードが挟まれているのも、意図がよく分からない。

    100%の客観論に説得力があろうはずもないので、
    こういう本が著者の経験談を交えつつの展開になるのはよいのだけど、
    この本の場合はちょっとまとめ方に問題があるかも。

  • 安易な転職はするべきではない。会社に育ててもらう。成長したいという情熱を持ち、最初の3年を過ごす。
    2008 8/13

  • 「若者はなぜ3年で辞めるのか」
    「会社は2年で辞めていい」
    「イヤならやめろ」


    とか転職を考えているのかといわれそうな本をたくさん読んできたが
    その目的は、「働くとは」という意味を考えたかったため。

    何のために働くのか、学生時代に十分考えれていなかったのでいま
    必死になって考えているというのが正直なところ。

    でも、こうした本もそろそろ十分な気がしてきた。
    それぞれの本いいことも書いてあるけれども、
    最終的には著者の経験談を基にして、こういう風な人生がいいとの教示があるようなイメージ

    それぞれの本によって、内容も違うし、対象も違うが一つの参考意見でしかない。
    最終的には、自分がどうしたいかが決まっていない場合にこういう種の本が魅力的に見えてくる。
    自分自身はだいたいそのあたりが見えてきたので、あとは行動が必要だ。

  • タイトルに惹かれて購入、なるほどと思える部分とそうだろうかと思う部分が両方存在する本でした。

全5件中 1 - 5件を表示

まずは、「1社3年」働いてみなさい!はこんな本です

まずは、「1社3年」働いてみなさい!のKindle版

ツイートする