3ヵ月回転勉強法

  • 37人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (7)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 中野雅至
  • すばる舎 (2009年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883997893

3ヵ月回転勉強法の感想・レビュー・書評

  • ・3ヶ月はまとまった時間
    ・終わりが感覚的につかめるので、続けられる
    ・資料や本だけでなく、講演やセミナーにも行ってみる
    ・勉強テーマの例は、「法律」「会計」「暮らしのマネー」「ビジネススキル」
    ・3ヶ月は13回に分けて考える

  • ※かなりネタバレレビューかも。

    本屋でサラッと流し読みした程度だが、今のわたしにとってためになることが多かったので、近いうちに購入予定。



    ●大学のなどの授業は3ヵ月スパンであることが多い。
     →そこで独学でも3ヵ月をめどに勉強。

    ●(3ヵ月のスケジュールの例)

     2週間:新書で相場観を得る
     1ヵ月:そこそこレベルの新書で勉強
     1ヵ月:各論に突っ込む
     2週間:知識の確認

    ●試験とは基本的に「受かって欲しい」という願いのもと問題作成されている。
     →基礎をしっかりすれば確実に点は取れる。

    ●1週間に1回、早朝勉強を組み入れる。生活にリズム感を出す。
     →リズム感が出るようになれば、セロトニンというホルモンが出てきて、気持ちもどんどん前向きになる。

    ●継続できるビジネスマンは1万人に1人。
     →続けてさえいれば、やがて物になる。1日10分でもいいので習慣化する。

  • 短期間で小さく学ぶを繰り返し、3倍速で吸収
    テーマを決めて3か月、じっくり勉強する方法
    中だれせずに3か月使い切る攻略術
    3か月回転勉強法を応用して試験に受かるテク
    ずっと勉強し続けることが成功の必須条件

    無理せず、少しだけ背伸びして勉強を続けていく方法としてはいいかも。
    勉強したいけど、何をしよう?とか、なかなか続かないといった悩みがある時のきっかけになるかと思います。
    本当にじっくり勉強したいことができるまではひとまずこの方式で自分が興味を持てる分野を探すというのも一つの方法。

  • ・まず、新書を数冊読んで全体観、相場観をつかむ
    ・試験は基本的に受かって欲しいと言う思いで作られているため、基礎だけで半分以上はわかるように作られている。
    ・試験がなくても期限を決める。

    ・広く浅い勉強で、ゼネラリストのスペシャリストに。
    ・テーマを心に持つだけでアンテナが立ち情報に敏感になる。

     ①新書で相場観
     ②そこそこの新書で主要部を理解
     ③セミナーや専門書で深入り

  • 騙されてみようという気になる勉強法。長続きしない性格(自分も該当)の人向き

全7件中 1 - 7件を表示

中野雅至の作品一覧

中野雅至の作品ランキング・新刊情報

3ヵ月回転勉強法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3ヵ月回転勉強法のKindle版

ツイートする