誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルール

  • 591人登録
  • 3.13評価
    • (12)
    • (30)
    • (60)
    • (25)
    • (6)
  • 58レビュー
著者 : 野口敏
  • すばる舎 (2010年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883998852

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
レオ・バボータ
ジェームズ アレ...
伊坂 幸太郎
ロバート キヨサ...
小池 龍之介
阿部 紘久
有効な右矢印 無効な右矢印

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールの感想・レビュー・書評

  • 具体例があり、これなら実践できそうという。内容もわかりやすい。
    喜怒哀楽に合わせた相づちのパターンをストックし使う、二往復以上会話が続けるテクニック、瞳ピント、実践してみようと思う。

  • ○相槌
    相手の気持ちに焦点を当てて、〜〜ですよねと相槌を打とう

    ○話題
    相手の関心ごとや困りごと等に日頃から身を向けるようにしよう

    ○アイコンタクト
    大事な話の時には相手の瞳の中にピントを合わせよう

  • 相手の「気持ち」に焦点を当てる。
    アイコンタクトで相手に焦点を当てる。
    「EQ心の知能指数」より、自分の感情を言葉にできたら、その感情は自分の物。

  • 状況別に会話のポイントと具体例をあげてくれている本。会話の例が多いが、会話の内容がピンポイントすぎて、汎用性に欠けている印象を受けた。
    会話する上での参考にはなるが、ルールと謳っていただけに残念だった。

  • そりゃあ親しくない人との会話は弾まないけれど、、にしてもこの本は、よっぽど会話が苦手な方向けなのかな?と思いました。(部分的に良いかなという部分があるにしても、目新しいことではなかった。)

  • 齋藤先生の雑談学の本で雑談の重要性を痛感して、最近それ系の本として目に止まり読みました。
    平易な文体なうえ、会話としての使用例が多いので誰でも理解しやすい形になっています。ただ、会話を教科書風にやると相手にはすぐバレルのでこういったコツを血肉にして無意識にやれるかどうかが鍵かと思いました。

  • メモ
    瞳ピント
    天気カレンダーの話題
    短い会話から
    相手にも話してもらう
    話を受け入れる

  • 会話の仕方をクイズやちょっとしたマンガを通して学べる点がgood!
    前作よりも高度なテクニックが満載

  • 会話のテクニックと、少しずつ段階的に練習するなど、実践的な内容だった。

  • 相手の話からそのときの「気持ち」を的確に表現できるようなボキャブラリーが必要というのには納得。
    でも会話に必要な瞬発力を身につけるには、やっぱり実際にいろんな人と話してきたえるしかないのだろうなあと思った。
    だけど、会話が苦手な私でも誰かと話したくなるような本でした。
    20140706

  • タイトルの通り誰とでも話が途切れない会話術が乗っていた本。あいづちや、質問の仕方、させ方などが書かれていた。

  • 資料ID: W0157227
    分類記号: 361.454||N 93
    配架場所: 本館2F書架

  • チェック項目5箇所。話しかけられたら、すぐに「相づち」を打つ――、実はこれだけで、会話ってふくらんでいくものなのです。私たちは「自分の気持ち」から「他人の気持ち」を推測しています、ですから、自分の気持ちをどんどん表現できるようになると、相手の方に「共感できる力」も伸びていきます。「ちゃんと反応しているはずなのに、相手があまりノってこない」「よく知らない人にはどう反応していいかわからず、困ることが多い」、こうした「困った」にイチからお応えできるのが本書です。「えーっ!」は、話し手の言葉に「驚いたとき」に使いましょう、「へーっ!」は相手に「興味を示したとき」に使います、「ほーっ!」……相手の方が喜びにあふれて話しかけてきたら、「感心や称賛」を表す「ほーっ!」を使ってみましょう。人間というのは皆に注目されたいし、話題の中心にもなりたいもの、そのために多くの人は、この例題のようなプチ不幸を得意そうに話します、そこに「ありゃー」という反応をもらうと、話し手の気持ちは燃え盛ります。

  • ・会話の中で1、2秒相手の目をじっと見るアイコンタクトを大切に。
    ・プチ不幸話には、ありゃーで。
    ・胸が張り裂けそう、断腸の思い、やりきえれない、涙をのむ、泣くに泣けない、たまらない。
    ・ふさぎこむ、めいる。
    ・手に負えない、手づまる、もてあます、頭を抱える、お手上げ。
    ・スタバで「・・・さんのお勧めはありますか」「美味しそうですね。でもダイエット中なので」「寒いのでホットでお願いします」

  • 『誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール』の第2弾。
    正直、全体的にいまいち!前作のほうが良かったと思います。

    全体的に、ノウハウ的な要素が多く、会話も実践的なフレーズをたくさん記載しているのですが、それが逆に前作で作者が伝えたかった本質から離れてしまった印象です。
    こんなフレーズを伝えたかったんだっけ?こんな変な相槌の使い方を教えたかったんだっけ?ってちょっと前半はイラっとしました。

    本来、筆者が語りたかった本質は、
    「相手の気持ちへの共感」
    だったはず。自分の前作に対するレビューでも

    --
    いわゆる会話のネタ本やテクニックを解説した本というより、その本質として
    「相手の気持ちを引き出す。慮る。共感する」といったことが重要なことと思われます。
    --

    と語っていたのに、今回はどちらかというと、会話のネタ本やテクニックやフレーズになってしまっている感じ。ちょっと残念でした。

    しかしながら、以下の一点だけでも、本作を読んだ価値があります。
    第4章の「気持ちボキャブラ」
    「怒り」「悲しみ」「喜び」の気持ちについて具体的な表現、言葉について語られています。
    うれしい気持ちをうれしい以外の言葉で表現すること。
    怒りの気持ちを言葉で表すこと。
    悲しい気持ちを悲しい以外の言葉で表現すること。
    それ以外にも、落ち込んでいるときをあらわす表現、困った気持ちをあらわす表現など、気持ちを表現する言葉について、自分の語彙のなさを思い知らされました。

    「相手の気持ちを引き出す。慮る。共感する」には、まず、その気持ちを具体的な言葉で表現できなければならないということが、本作の一番の収穫です。

    「気持ちボキャブラ」を増やせるようにしていきたいと思います。
    こうやって、本を読むことでボキャブラリって増えていくと期待しているのですが、ミステリーばかりだと、そういった感情表現の言葉って増えていかないかも(笑)

  • 前作が面白かったので。2色刷り漫画付で読みやすくなっていた。3つの相槌(えーへーほー)いたわりの言葉。会話のお手本はラジオと小説。当たり前だと思っていることに感謝の言葉。年代立場の違う人と、解りあう必要はない。そういうもんだと受け入れる。201311

  • 読書録「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方やっぱり大事
    46のルール」3

    著者 野口敏
    出版 すばる舎

    P55より引用
    “とくにアイコンタクトは大事。簡単にできるうえに、親しみの
    気持ちを瞬時に伝えられる。”

     話し方教室を主宰する著者による、会話を上手く続けるコツを
    記した一冊。
     相槌の上手な使い方からシーン別会話ルールまで、イラストと
    漫画を交えて書かれています。

     上記の引用は、親しみの気持ちを伝える方法について書かれた
    項での一文。最後のまとめの部分です、ただ、アイコンタクトを
    した途端に機嫌が悪くなる人もいることがあるので、気を付けて
    使いたいものです。他の本で見かけたのですが、目と目を合わせ
    るのはお互いにコミュニケーション過剰になることもあるので、
    口元を見るくらいで丁度いいとか書いてあったような気がします。
     最終的には相手によることだとは思いますが。

    ーーーーー

  • 読んだ内容を覚えてないから実践するのは無理だな…。

  • ベストセラーとなった前作の第2弾で、前作同様、会話のテーマは「気持ちのキャッチボール」です。
    仕事や日常で会話が続かず、気まずくなることがあります。会話を終わらせてしまうフレーズを言っているかな、と感じていました。
    本書では、いくつかの状況における、具体的なフレーズが説明されています。
    「聞き役」「話し役」を自由自在に活用できるように、本書を参考にしていきたいです。

  • 早く誰かと話したくなるような一冊でした。

    相づちやアイコンタクト(瞳ピント)は、これまでもなんとなく実践してきたけれど、
    相手の感情に対して共感する会話や、
    相手の話の一つ一つにあるドラマに対して言及するテクニックは、目から鱗でした。

    ただ、会話っていくら勉強しても、それをアウトプット出来なければ意味0ですから、、

    これを機に、ドンドン実践してみようと思います!!

  • 予約済み:中央区図書館

  • 大前提:会話は言葉ではなく、気持ちのキャッチボール

    ☆相手の話を聞きながら、話しているその場面の情景をイメージする☆
    そこから相手の気持ち、場面についてたずねる

    ・落ち込んでいるひとは励まさない。相手の気持ちを受け止め、ひたすら共感する。そこから少しずつ励ます
    ・具体的な内容+ありがとう 「ありがとう」だけじゃ伝わらない
    ・他者が頑張っている所を言葉にする

    ☆「当たり前」になっていることを見直し、小さなことでも感謝の気持ちを言葉にする☆

    ○テクニック
    ・瞳ピント ⇨ 相手の瞳を見つめたまま気持ちを伝える。主張したいフレーズ、しているフレーズのときに有効。

    ☆わかり合おうと思うのではなく、相手の価値観や考えもあるのだと、受け入れる☆

  • イメージする
    相手になり切ってみる
    本音を漏らす

    自然体で接することが大切
    感謝の気持ちは言葉で伝える
    伝える時は具体的な言葉にする

  • 表現の幅を広げること、イメージを広げて会話に結びつけること。

    が個人的なポイントかな

    相づちがコミュニケーションのキーになるのは、わかっているようでうまくできない事が悩ましい

  • <閲覧スタッフより>
    『誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール』シリーズ第2弾。「瞳ピント」や「気持ちボキャブラ」「イメージ質問」といった新しいルールも増え、充実した内容になっています。
    --------------------------------------
    所在記号:361.454||ノク||2
    資料番号:10197966
    --------------------------------------

全58件中 1 - 25件を表示

野口敏の作品一覧

野口敏の作品ランキング・新刊情報

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールを本棚に「積読」で登録しているひと

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールはこんな本です

誰とでも15分以上 会話がとぎれない!話し方 やっぱり大事!!46のルールのオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする