離れたくても離れられない人との距離の取り方

  • 154人登録
  • 3.34評価
    • (10)
    • (13)
    • (27)
    • (10)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 石原加受子
  • すばる舎 (2010年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883999293

離れたくても離れられない人との距離の取り方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うつ病なのか、女性特有のPMSなのか、ただただどうしようもない人間なのか、と色々と考えていたけれども、これか!これだったのか!と、今一番自分自身にピントが合った気分。

    日頃の夫との上手くいかない時の会話そのものと、自分自身の心理状態がそのまんま、本に書かれていました。わお。

  • 2013年12月14日購入。
    2014年4月12日読了。

  • 相手との適度な距離感の測り方。

    頭で考えず、心の感じるままに行動する。

  • 距離とるの大事!あまりべったりしちゃだめ!

    って話でしたね。

    悩んでいる人には心強い一冊、かも。
    別に困ってなかったので、流し読みでふんふん、でした。

  • これを読むまで、離れたいと思う人に
    わざわざ近づいて行って、
    あえて苦しんでいた自分がいたことに気付いた。
    押してもだめなら引いてみな!

  • 「親から目線」は近過ぎる!?
    適度名距離を。

  • そうか昔、職場でしんどい思いをしていたのは、嫌な人たちに心理的に近づきすぎていたからなんだな~と納得。

    でも一方で近づかれていたケースもあったよなぁ。。。とも思う。

    今は好きなようにやれてて快適です★

  • 自分と相手(夫や子だろうが、職場の人だろうが)との、距離感覚を大切にしないといけないなと思った。

    距離感覚を大切にすることで自分も相手も大切に出来る。

    自分のすべきことをしておけば自分以外の人の事で悩むこともない。

    とにかく自分と人は違うことがわかった。

    また読みたい。

  • 距離感とか境界線の話で、あらためて参考になるところはあったけど、目新しいことは特になし。
    例であげられてることが、現実的にはあるんだろうけど、私には理解できない心理が多く、こんな思考回路の人とはつきあわないのが無難と思ったわけで。
    女性って何かとめんどくさいよね。

  • 人間関係のほどよい距離の保ち方に特化して書かれています。どういう考え方をすればうまく距離を保てるのか、結局のところ距離が取れていないのは自分ではないかということ。
    勉強になりました。

全18件中 1 - 10件を表示

石原加受子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
やました ひでこ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

離れたくても離れられない人との距離の取り方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

離れたくても離れられない人との距離の取り方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

離れたくても離れられない人との距離の取り方を本棚に「積読」で登録しているひと

離れたくても離れられない人との距離の取り方のオンデマンド (ペーパーバック)

離れたくても離れられない人との距離の取り方のKindle版

ツイートする