SWITCH Vol.24 No.10(スイッチ2006年10月号)特集:スガシカオ「愛すべき嘘つきの物語」

  • 29人登録
  • 3.65評価
    • (5)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • スイッチ・パブリッシング (2006年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884180980

SWITCH Vol.24 No.10(スイッチ2006年10月号)特集:スガシカオ「愛すべき嘘つきの物語」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本自体の感想ではなく、玉木宏さんに関する部分のみの感想です。



    黒い服を着たスガシカオさんが印象的な表紙の1冊。

    SWITCH VOL.24 OCT 2006 NO.10

     P60から  玉木宏×CITIZEN ALTERNA 宮崎あおい[SHUTTER WITH LOVE] プライベートでも写真を愛する二人が織りなす、もうひとつの純愛物語  と目次にはあります。

    ただ君を愛してる のプロモの頃の記事のため、玉木くんもあおいチャンもカメラをお互いに向け合っているけれども、二人とも 誠人と静流の雰囲気ではまったくなし。

    あおいちゃんは、静流が入っていないと、とんがっているな~

    玉木君は、きっと千秋の前に撮影したんだろうけど、造形の美しさと不安定さがなんともいえないバランスで交じり合っていて、ぱっと見 きれいで高級な時計を高級そうに見せるモデルっプリがすばらしい。

    けれどもこの写真と今朝更新されたハートランドの写真を見比べてみると、今の彼がいい男になるためにどれだけの努力をして、今の姿を手に入れたのか想像しきれないと思ってしまう。


    1枚目の少し驚いたように振り返って見つめる写真
    2枚目のやわらかい表情でカメラを構える白いもこもこ名セーターの写真
    3枚目の仰向けに寝転んでカメラを構える横顔

    私は、3枚目の写真が好きだな

    坂本亜里さんの文章も深い


    ところで  60ページの前の58 59ページにも実は、玉木君がそれとなく使われているわけでして

    この白魚のようなと形容されそうな指がノーブルに本を持っているわけでして、

    ところが そのノーブルであるはずの指がささくれだらけという ギャップが たまらないのです。

  • 普段、滅多なことでは雑誌は買わない人です。
    立ち読み程度で、済ませてしまうんですが
    (最近は立ち読み出来ないようになってますが…)
    これは、もうジャケ買いです。
    このファッション最高!ってか、スガシカオ最高!
    今でも大事に、実家の押し入れに入ってます(笑)

    彼の中から紡ぎだされた言葉たちの意味を
    再度、噛みしめることができました。

  • 表紙かっこよすぎますけど!
    スガさんの小説が・・!!スガシカオぽくてやっぱりスガシカオなんだって安心。小説かいてくんないかなぁ

全5件中 1 - 5件を表示

SWITCH Vol.24 No.10(スイッチ2006年10月号)特集:スガシカオ「愛すべき嘘つきの物語」はこんな本です

ツイートする