246

  • 112人登録
  • 3.57評価
    • (8)
    • (12)
    • (26)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 沢木耕太郎
  • スイッチパブリッシング (2007年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884182786

246の感想・レビュー・書評

  • 「深夜特急」を、寝不足も忘れて読みすすんだのは20年程前。地図帳片手に、一緒にユーラシアを脳内旅行しました。「246」は、深夜特急を書いていたころの沢木さんの“日記のようなもの”。天気と出来事と考察。固有名詞を交えての淡々とした表現が効を奏するのか、生きざまがにじみ出るのか。日常すら恰好よく、すぐれたルポルタージュのよう。

  •  また、読みたい本が増えました。

  • 沢木耕太郎著。自身の日記のような本。
    深夜特急の話やエディ・タウンゼントの話、「地の味」の話などがちりばめられている。これまでの作品を読んでいると、当時の出来事や背景を知ることができるため、なかなか楽しめる。
    それ以上に興味深かったのは、著者と2~3歳になる娘との関係。寝る前のおはなしや公園で一緒に遊んでいる姿は、まさにいいお父さん。興味のままに人と明け方まで飲む機会の多そうな作家だが、いや、むしろ、それだからこそ、子供との時間を大切にしているのか。
    深夜特急のように文章を読んで想像する景色にどきどきと緊張することはないけれど、ほっとリラックスできる一冊。

  • よかったです。やっぱりちょっと昔の沢木耕太郎が書いた文章の方が、わたくしは好きです。娘さんと遊んでいる時間、寝かしつけているお話がよかったです。あんなふうになりたい。

  • 沢木ファンですが、これは正直イマイチ(-。-;わたしはにわかファンなのかなあ…w

    時折ある、深夜特急のエピソードや、微笑ましい幼い娘さんとのやりとりは良かった。


    あと沢木そんがテレビにでない理由もわかった。くすっとわらってしまった。


    他の作品ではみせない新たな一面がたくさん見られる点ではいいかなあ…。

  • 沢木さんの本にしては珍しく、小さいころの娘さんが登場。
    寝る前におはなしをしてあげるところがとてもいい。
    それにしても、沢木さんはいろんな人たちを惹きつける魅力があるんだなぁと思う。
     

  • 見られることを前提とした日記です。3年前に買ってから大判サイズになかなか手が出ず、ようやく読みました。沢木作品は久しぶりでしたが、内容はとても読みやすかったのですが、電車内では辛かったです。

  • 1980年代の日記。日記とは言えど、フィクションとノンフィクションが入り混じった部分もあり、沢木の構築した独特の世界に引き込まれる。彼の人物像もファンを裏切らない感じ。沢木耕太郎というルポライターがルポライターでありながらもあまり危険な人物には近づかない理由がわかったような気がする。それが沢木にとっていいことだったのか悪いことだったのかはわからないけれど。大物、書いてほしいけどなぁ。付録はやや興醒め。

  • 最後まで読めずに図書館に返してしまった。<BR>機会があればまた借りて続きをよみたい。

  • 沢木耕太郎さんは初読みです。「深夜特急」のまとめに入っている頃のことをswitchという雑誌に日記として掲載していたもの。年代みたら20年くらい前の話でした。当時は今の私よりも若かった沢木さんの日常に引き込まれました。

  • 沢木耕太郎の、ある年の1月10日から9月10日までの日記をまとめたもの。雑誌に連載することを前提に書かれているので、出来事を単純に綴った日記というよりは、人に読まれることを頭に置いたエッセイ的な色合いもあるものである。ある年、と最初に書いたが、それは1986年、今から20年以上も前の話である。「深夜特急第一便」「深夜特急第二便」「馬車は走る」が発売になった年。「血の味」を書き始め、「キャパ」の翻訳も始めた年だ。それらのmaking的な裏話も盛り込まれており、沢木ファンにとっては興味深い話が満載であり、絶対に「読むべし」だと思う。読んでみて、いろんなことを思ったが、沢木耕太郎の交友範囲の広さには少し驚いた。おそらくほとんどが、取材で、あるいはその延長線上で会った人たちなのだろうが、その後も普通の交友を続けている様子がよく分かる。芹沢・米長・内藤といった当時の将棋会のトップ棋士たちとの話は面白かった。たしか、内藤について書いたノンフィクションを読んだ記憶があるので、それ以降の付き合いなのだろう。初期の頃のような綿密・緻密な取材に基づくノンフィクションや、その人の本質をずばりついてしまうような、これもおそらく本人および周囲への豊富な取材量に裏打ちされた人物論的ノンフィクションを沢木耕太郎が書かなくなって久しい気がする。ファンとしては、ちょっと残念だけど、個人的には、この人の本は、エッセイだろうが小説だろうが、あるいは、写真集だろうが好きなので問題というほどではない。

  •  やはりこの本は、買い、で正解。 沢木耕太郎の新刊。いつもなら、発売即購入なのだが、今回は少し迷った。 日記。それも21年前、1986年。雑誌「SWITCH」に7回だけ掲載されたもの。 う〜ん、速効で読み終えてしまいそう。1800円かあ。沢木ファンの痛いところをついてきたなあ。 少し様子見。 けれど書店での平積み「246」の文字がそばを通るたびに気になる。 買った。 読んだ。 よかった。 本の版型(B5)が大きく、文字が2段組になっているせいで、単純に文章量が多い。 そして、事実のみの記載ではなく、エッセイ風になっている。 執筆、取材、人との出会い、映画、本。いつもの読み応えある沢木耕太郎の文章が展開する。 おどろきは、童話作家になった沢木耕太郎。 いままでのエッセイでは、家族のことはほとんど書かれていなかった。 それが今回は、娘さん(当時2歳)が、何度も何度も登場する。 布団に入り、寝付くまでの間、オハナシをせがまれる。 沢木さんは、市販の絵本を読んで聴かせるのではなく、自分がその場で考えたオハナシを聴かせてあげる。 それも娘さんのリクエストに応えて。たとえば、ながぐつ。たとえば、ハワイ。それは、昼間はいたものだったり、話に聴いたものだったりする。 それが、かなり本格的童話になっている。すごいな作家・ライターって。 1986年というのは、『深夜特急』発行の年。 ただ単行本化にあたって最終的に手を入れている段階なので、それに関する記述は少ない。 この日記では、人物ノンフィクション『馬車は走る』、小説『血の味』、「たくさんのふしぎ」『ハチヤさんの旅』、「キャパ」の翻訳について多く書かれている。 『一瞬の夏』『深夜特急』の大ファンとしては、もう少し前の年の日記を残しておいてほしかった。 けど、考えてみればその2冊は、その当時の長い日記のようなものだ。 最初の話に戻るが、おまけも付いて(買ってからのお楽しみ)、この本お買い得です。   

  • 沢木耕太郎の最新作!

  • 1986年1月から9月までの沢木氏の日記風エッセイ。娘さんに聞かせてあげる「お話」が楽しい。ついでに。私の幼稚園時代の同級生がこの本の中に登場してきたので、思わずのけぞってしまいました。

全16件中 1 - 16件を表示

246を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

246を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

246はこんな本です

ツイートする