火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)

  • 363人登録
  • 4.13評価
    • (48)
    • (53)
    • (27)
    • (2)
    • (0)
  • 57レビュー
制作 : 新井 敏記  柴田 元幸 
  • スイッチ・パブリッシング (2008年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884182830

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「白い牙」「野性の呼び声」で知られるジャックロンドンの短編集。
    編纂、訳は柴田さん。

    著者のさまざまな経験、興味が活きているであろう各短編はボクシングにしろ、原野にしろ生々しく鮮やかです。

    表題作の「火を熾す」、「メキシコ人」、そして「生への執着」が特にお気に入り。

  • 火を熾すが◎

    死ぬときはこういう死に方がいい。

  • 19世紀~20世紀初頭のアメリカ人作家、ジャック・ロンドンの短編をあつめた本。
    巻頭の表題作「火を熾す」のインパクトが大きかった。
    人生の厳しさ、といっても、教訓めいたものがあるわけでもなく。

    現実を直視していて、まっすぐで、生々しい。
    なぜか、そらにまっすぐ伸びた巨木を連想してしまった。

  • 「火を熾す」はアイロンのある風景に登場した小説なのでいつか読もうと思ってた。

  • 9篇の短篇集。
    どれも違うタイプの物語のように感じるのだが、全体的に獣臭く生きる男の臭いが漂っていて、個人的に苦手。
    そんな中でも「火を熾す」「水の子」「生の掟」は好き。
    解説で柴田元幸が「透明性」を意識したと言っていたが、この3篇はより透明性を感じることが出来た、と僕は思う。

  • こんなにも臨場感と緊張感がある作品はなかなかめぐり合えません。
    最初に収録されている『火を熾す』からその世界観に一気に呑まれてしまいました。
    人や動物が困難の中にいても必死で生き抜こうとする執念、
    それを描くのが抜群にうまいです。
    くよくよしてばかりはいられない、そんな気にさせられます。

  • 「火を熾す」と「一枚のステーキ」がよかった。

    火を熾すは、雪国に住んだことがある人なら、
    読んでいる間ずっと眉間にしわが寄ったままになってしまうかも。
    極寒の極限状態のなかでは、
    火を熾すというシンプルな行為もとてつもないスペクタクルになってくる。

    一枚のステーキは、40歳の老ボクサー(この作品が書かれたのは1909年)が
    困窮のためにステーキを食べることができず試合で苦闘する様子が描かれている。
    ボクシングを描いた小説を読むのはこれがはじめてかも。
    試合の様子、ボクサーの心理のひとつひとつがずしんと響いてくる。

  • すごい。どの短編もすごい。生死、自然、戦い、そんなテーマに真っ向勝負を挑み見事に書き上げてる文章力は一気に読ませる。生きた時代も関係しているんだろうけど、人や自然の本質に切り込んでいってる感じが最高に響く。すごい

  • 辰野氏のスピーチ中に引用された作家の図書。ということで、推薦扱い。時間が出来たときに読んでみる。/完全に忘れていたが、BOOK1st渋谷店にて邂逅。書き出しもなかなか気持ちがよかったので、読んでみたい。

  • 柴田元幸氏の翻訳ということで手にとりました。
    この方の訳文はとても好きです。
    知的で本能的、時代や文明の底にあるものに触れる短編集。

全57件中 1 - 10件を表示

ジャック・ロンドンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コーマック・マッ...
村上 春樹
アゴタ クリスト...
サン=テグジュペ...
カズオ イシグロ
村上 春樹
遠藤 周作
サン=テグジュペ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)に関連する談話室の質問

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)はこんな本です

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする