SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Taka

  • 14人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • スイッチパブリッシング (2012年8月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884183363

SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Takaの感想・レビュー・書評

  • 映画『るろうに剣心』は、漫画を原作としている。言ってしまえば、この世には存在しない嘘である。そしてそもそも、映画は作り物である。
    それでも僕らは、その嘘をエネルギーという世界でこの世界に出現させるために全力を注ぐ。
    そして、その虚構とリアルの狭間に揺れる、よくわからないもの、その偶然の煌めきを捉えたいと願う。

    大友啓史

    劇場で観て、ヤバ目なものを観たんだとおもった。ヤバ目でムリ目。

    cutとか芝居に関わる人達のインタビュー記事が好きなんだけど、これ久々に面白い。
    なんていうか、いい大人が熱い。
    馬鹿みたいに熱い。
    俺にしかできない、とか、変えてやるって、いい大人が連発。
    わたしまで熱くなった。
    大友組いつか入りたい、とさえおもった。

  • 映画化の感想を。


    最近映画を頻繁に観るようになった友達は『暗くて面白くない』
    シネコン系も単館系も観る友達は『楽しめた』とのこと。


    意見がはっきり別れるのは珍しいなと思い、興味を持った。
    漫画は読んでいないので、1つの映画として楽しめた。
    日本の映像技術もここまできたのか、(CG的な意味合いではなく)と感じた。
    ロケーションも美しかった

    話はやや長めだが、殺陣シーンが完成度が高かった。殺陣は迫力よりもきちんと綺麗な流れがありることが良かった。

    一緒に行った友達はクライマックスで若干寝てた。後で聞いたら殺陣シーンが長かった、とのこと。また、原作ファンからするなら、要素を詰め込み過ぎててキツイ、とのこと。


    私はこの後も原作は読まないと思う。
    映画は映画で秀作で充分楽しめたから。

全2件中 1 - 2件を表示

SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Takaを本棚に「読みたい」で登録しているひと

SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Takaを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Takaを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SWITCH Vol.30 No.9 ◆ 『るろうに剣心』が斬り開く世界 ◆ 佐藤健 / 綾野剛 / Takaを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする