MONKEY vol.10 映画を夢みて

  • 51人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 柴田 元幸  ポール・オースター  カズオ・イシグロ  西川 美和  ジャック・ロンドン 
  • スイッチパブリッシング (2016年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884184094

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
チャールズ ブコ...
村上 春樹
マーセル・セロー
ポール オースタ...
カーソン マッカ...
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

MONKEY vol.10 映画を夢みての感想・レビュー・書評

  • 特集 映画を夢みて 
    偽映画ポスターたのしい。
    スティーブ・エリクソン編集長の文芸誌”Black Clock” が気になる。
    ポール・オースターの ”映画に打たれて-『縮みゆく人間』”
    『内面からの報告書』『冬の日誌』読みたいのだが一部だけでも読めてよかった。
    カズオ・イシグロの“ザ・グルメ”
    すごくおもしろいテレビドラマ脚本。映像で観てみたいなあ。
    西川美和さんの短篇『我が心のデルフィーヌ』
    とインタビュー“映画と小説、物語を語ること”
    脚本家・監督からみた小説のとらえかたに、ほー、なるほどと。
    戌井昭人さんの「とりとめもなく、音楽と映画について、書いてきました」。
    映画をよく観て、音楽をよく聴いてきた人なんだとよくわかった。

  • Monkey vol.10 映画を夢みて

    仮想映画ポスターなど視覚にも楽しませてもらえた。
    映画が観たくなるテーマ。

    ついに2ケタの発刊ということで、
    これからも長く続いて欲しい。

    縮みゆく人間もポール・オースターも好きなので、
    「映画に打たれて」は楽しめた。

    改めて哲学的な問いかけのある作品だと思った。

    カズオ・イシグロの「ザ・グルメ」も面白かった。
    オドロオドロしさ。人間の欲。

    西川美和の短編+インタビューも良い。
    とても贅沢な構成。「永い言い訳」はDVDが出たら見に行こうと思う。

  • 西川さんの、短編小説?を読んでとても良かったです!

  • 特集:映画を夢みて
    西川美和監督インタビューと短編小説。

  • オースターとカズオイシグロと西川美和の三人で大半を占めてるけどどれも正直微妙かな。

  • 今回は映画特集。

    ポールオースターの映画的な話やカズオイシグロの脚本が載っています。

    読者から募集した映画にしたい小話が興味深い。

全6件中 1 - 6件を表示

MONKEY vol.10 映画を夢みてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

MONKEY vol.10 映画を夢みてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

MONKEY vol.10 映画を夢みてはこんな雑誌です

ツイートする