Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリ

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 星野 道夫  佐々木 大輔  南谷 真鈴  石塚 元太良 
  • スイッチパブリッシング (2017年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 9784884184148

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Coyote

    特集 冒険のシジフォス その山はデナリ



    猫的な、あまりに猫的な

    人間たちの心を猫にする“猫哲学”120の言葉

    白鳥春彦



    ――それは

    ふと手に取った本という 出会いだった



    言葉を海に例える。自分の胸にあるもの、見たものをすくい取って形にするものを船にして、言葉の海を航海する。

    ただ、このcoyoteは、海というより、冒険だった。それは地平であり、山脈であり、雪山であり、岩肌であり、草原だった。

    歩くだけで汗が噴き出す。悪天候にも負けずに歩き続ける。そんな足跡。

    一歩間違えれば生きて帰れないかもしれない。暗闇の中で何を頼りに歩けばいい。そんな足跡。

    夢のような満点の星空。流れ星のようなオーロラ。細心の注意で分け入る獣の世界。

    美しく、雄大で、壮麗で、荘厳な大自然の中に分け入って生きてみる、冒険譚。



    その景色に思いを馳せて、出会ったこともない獣たちの息遣いを。

    見たこともない空の向こうに輝く星たちの黙祷を。



    生きるという残酷と豊かさに裏打ちされた、生命という刹那



    読むだけで心が躍った、一時間の冒険だった



    ―――本当は、読んだらそれで終わりだと思った。

     通り過ぎて、何となく見ていたテレビのcmのように。

     でも、美しさを心の中に持っていけるように。少しだけ呼吸を深く、そして目線を少し高く、ちゃんと、今を見る、ということを知った時。

    その美しさはなぜかアラスカの大地だった。

    誰かと一緒に見ることもない、そんな景色のはずが、故郷といってもいいほどの親しさでずっと残り、この言葉を豊かにした、という不思議な体験だった。

  • 人生は旅、冒険、自然。COYOTEの真髄。

全2件中 1 - 2件を表示

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリはこんな雑誌です

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリを本棚に登録しているひと

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Coyote No.62 THE SCENE DENALI 冒険のシジフォス その山はデナリを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする