ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)

  • 108人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 柴田元幸 
  • スイッチパブリッシング (2015年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884184421

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カーソン マッカ...
チャールズ ブコ...
カズオ イシグロ
ウィリアム サロ...
ミシェル ウエル...
ジョン・ウィリア...
又吉 直樹
ピエール ルメー...
宮下 奈都
マーセル・セロー
有効な右矢印 無効な右矢印

ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 信号手とか猿の手とか怖かったw
    個人的にはコンラッドの秘密の共有者なんかが一番面白かったw

  • ジョゼフ・コンラッド、「秘密の共有者――沿岸の一エピソード」
    最高

  •  古典中の古典。名作の中の名作……というわけではないが、楽しめた。スウィフトの、子どもを食料に使う合理性と言い回しのおおざっぱさが良い。【そこで、ここにおいて提示申し上げる案を、読者諸兄にご検討いただければと思う。まず、すでに計算した十二万の子どものなかで、二万は繁殖に供すべく残す。うち男は五分の一とする(これでも羊、肉牛、豚よりは多い数である)。野蛮な者たちは結婚という制度をさして重んじておらず、これらの子供が結婚の所産であることは稀であり、したがって男一人いれば女四人に仕えるに十分であろう。そして残った十万人を、一歳になった時点で、国中の、地位も資産もある方々に向けて売りに出すのである。その際、母親にはつねに、最後の一か月はたっぷり乳を与え、上等の食卓に乗せるべくぽっちゃち太らせておくように促す。子供一体あれば、知人を招いての会食なら料理が二品できる】。この「料理が二品できる」とか適当な統計の感じがとても良い。
     それからメアリーシェリーは、本当に現代によみがえってほしい女性作家だ。不老不死の薬を発明する話……なのに、なぜか不老不死の薬の中に媚薬が入っていて、好きな人をゲットする男の話になるのである。やがてその好きな人は年老いて……それから、男が老人のふりをするのではなく、年老いたほうが女子高生みたいな真似をする醜悪な描写は秀逸だと思う。こう、不老不死に媚薬いれてくるってのがメアリーシェリーのすごいところだ。
     オスカーワイルドのしあわせな王子は絵本とかで読んだような気がするが、実際小説で読むと、もう、「ゲイも神の祝福で天国に行ける話」としか思えない。同性愛認証宗教小説……だろうか。なんだか奇妙な感じがする。泣ける話ではない。
     ジェイコブズの「猿の手」も有名な一編。でも短くしたものしか読んでいなくて、きちんとした長さのものを読むのははじめてだった。人を呪わば穴二つか。恐怖の描写が素晴らしいが、母親のほうは息子をおびえるんじゃなくて、ゾンビでも会いに行こうとしていて、必死に鍵をあけようとして、寸でのところで父親が「お願いを解除するお願い」をするという展開だったのか。
     メアの「謎」は、箱の中に次々消えていく、これまた滅茶苦茶面白いホラーで、これっておばあちゃんの記憶から消えていくことの暗示なのか、それともガチで消えていっているのか、その曖昧さが怖い。
     サキの「運命の猟犬」も、お坊ちゃんと勘違いされて村で過ごしていると、どうやら前のお坊ちゃんは村中から憎まれていて、最後は村人にぶっ殺されるという話。理不尽仕方ないのだが、それでも妙な怖さとリアリティがある。
     オーウェルの「象を撃つ」は、「よかった象が人を殺していてくれて」というオチの皮肉さが素晴らしかった。

  • いつも新作ばかりを読んでいるけど、文学のルーツは過去から綿々と受け継がれているもの。その本質は勿論、文学の世界に限らず、ありとあらゆる分野に及ぶ。だから、ふとした時に過去の名作に触れることは、古いだけではない新しきものを感じ求めることに受け継がれていく。
    ディケンズ、ワイルド、コンラッド、サキにオーウェル、ジョイス…この時代に比べ、今の時代、知りたい情報を安価かつ膨大に集めやすくなった。にもかかわらず、人々の不安や恐れは減るどころか、世界の裏側の出来事に瞬時に心痛める事もある。安心な世の中などこの世にはない。でも、不安は確かに存在するのである。

  • 『アメリカンマスターピース』とは、やはり随分と趣が違う。怪奇小説のようなものも多く、またインドを中心とする植民地との関係も出てくる。

    『猿の手』。私はつい日本的に幽霊が静かに微笑みすらたたえて現れるイメージを想定してしまったので、ラストの切迫感が理解できなかったのだが、ここではゾンビを想像すべきところなのであろう。

    『信号手』は、立体的な空間構成が素晴らしい。上下左右だけでなく、奥が、空間に穴を開けている。

    『象を撃つ』も、帝国主義の手先たる警察官のダメ男ぶりがおもしろい。群衆の期待が行動を決めてしまう。「圧制者となるとき、彼が破壊するのは彼自身の自由なのだ」とは、白人に限らないことだろう。

  • 柴田元幸編訳「ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース」http://www.switch-store.net/SHOP/BO0067.html … 読んだ。子どもの頃に読んだ類の物語のアンソロジー(幸せな王子、猿の手とか)中には、お!と思うものもあったけど、基本かなり古い。小説にも古いという感覚があるのが不思議(つづく


    構成か設定かテーマか判らないけど明らかに、これがいま出版されても売れないし将来的に古典として残らないだろうと思うほど。小説も進化してきているのだと実感できた(ことだけが)収穫。コンラッドを初めて読んだ。クリスマスの話がほのぼのと幸福でよかった。でも猫に雪玉をぶつけちゃダメ(おわり

  • 柴田さんの翻訳ものは好きです。
    「猿の手」などは、いろいろな方が訳していると思うけど、読むたびに怖い!
    こういうう短編集は、どう訳すかもあるけれど、どの作品を載せるかというセンスのほうが気を引きますね。
    柴田さんらしい短編集ですよね。

  • 柴田元幸訳の「しあわせな王子」とか読まないわけにいかないじゃん!
    柴田訳はツバメが軽薄だけど小粋で、活き活きとしている分また切なかった。
    他にもディケンズ、シェリー夫人、スウィフト、ジェームズ・ジョイスその他、とても豪華な作品集。
    特に気に入ったのはオーウェルの「象を撃つ」。
    初オーウェルだったのだけど、とても面白くて他の作品も読みたくなった。
    あと「猿の手」怖すぎる…読んだの後悔するくらい怖かった…でも面白いんだよねええ!やっぱり読んで良かったです。
    あとがきの、
    「米文学は荒野をめざし英文学は家庭の団欒に向かう。
    米文学は(中略)おのれの生に限界があることに苛立ち、英文学は人生の限界を諦念とともに受け容れる傾向にある。」
    という柴田氏の比較も非常に興味深かった。

全8件中 1 - 8件を表示

ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブリティッシュ&アイリッシュ・マスターピース(柴田元幸翻訳叢書) (Switch library)の作品紹介

小説を愛する読者たちに選ばれ続けてきた名作短篇たち。スウィフト、ディケンズ、コンラッド、サキ、ジョイス…イギリスとアイルランド小説の「ザ・ベスト・オブ・ザ・ベスト」。

ツイートする