このあたりの人たち (Switch library)

  • 213人登録
  • 3.50評価
    • (10)
    • (24)
    • (30)
    • (8)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 川上弘美
  • スイッチパブリッシング (2016年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884184506

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

このあたりの人たち (Switch library)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1時間もあれば読み終えられる。
    読後は”このあたりの人たち”がみな愛おしい。
    中学で不良になったかなえちゃんも、イタコになったかなえちゃんのお姉ちゃんも、メニューが二つしかないスナック愛のおばちゃんも、その他出てくるちょっと変わった人たちも、みなひょうひょうとしたおかしみがあって好き。
    各章の唐突な終わり方も好き。

  • 読み始めの頃・・・
    「うっわー、川上さんっぽさ全開!これきっと、めっちゃ好きそうな予感・・・」

    もう少し先で・・・
    「こんなん、私にも書けそうな気がするな~~w」

    さらに先・・・
    「ぷぷ。めっちゃ『このあたりの人たち』のことだわww」

    ずずいっと先・・・
    「うーん、やっぱ無理っ!こんな発想ないわー。」

    終わりの方・・・
    「だ~~~っ!やっぱ川上さんってヘン!ww ムリムリ!私には書けないっw 完敗っ!うへへぇ~、平にお許しを~~!・・・ぶはははは、面白すぎるぅ~~っ!!www よしっ、これもツレに読ませちゃろっと♡」

  • 物語の達人の習作?戯言?を楽しむことができる。

  • 川上弘美の『大きな鳥にさらわれないよう』と並行読みしようとしたら混乱。混ぜては危険な読書をしようとしていた。非日常を描いた川上弘美らしい作品だった。

  • 名古屋からの帰りの新幹線(こだま)で2編残して一気に読んでしまった。
    主人公らしき女の子(たまに大人の女)が語るご近所、町の人たちのお話、掌編集。
    まあ突拍子もないというかぶっ飛んでるというか、川上弘美氏の私がすきな面全開な一冊でした。
    登場人物たちはちょっと残酷だったり悲しかったりするけれど、放つ言葉が皆丁寧で柔らかいからか、ふんわりした読み心地キープで帰宅しました。

  • 連作の短編で語り部はわたし。
    わたしの住む町の住人たちの話で、ファンタジーで川上さんの本だなぁと思いながら読む。
    不思議なのに想像してしまって現実に有り得そうなのが面白くて楽しい。
    後になるほどSF度が高くなった印象。
    日常の話をしてたはずがページをまたぐと急に話が大きくなって、夢の話のよう。
    特に好きなのは「拷問」「運動会」
    川上さんの本で時々感じる切なさはない。さらっと読めた。

  • なんとも言い難い本。こういう本は苦手。

  • このあたりって、どのあたり?んー、うまく言えないけど、だいたいあのあたりかな?ありそうでなさそうな町、居そうで居なさそうな人たち。ファンタジー、寓話、SFのような、ちょっと不思議な町に住む、ちょっと不思議な人たちの物語。手が届かない背中の痒いところみたい。

  • あーもーたまらなくいいわこの弄ばれてる感覚、初期の名作「蛇神溺」が20年振りに蘇ったような揺らぎの世界観にどっぷり浸る快感は至福。
    落ちているこどもを拾ったわたしが大人になって…でもなぜかにわとり地獄の話をするおじさんの思い出を語る子供に戻っていくところから物語が始まる。
    どこか懐かしい人びとともにあちらとこちらを行ったり来たりの不思議な感覚に微睡みながらそう言えば夢の中はこんな感じなのかなと思ってもみたり。
    人の夢の話ほどつまらないものはないのだがぎっしりつまるところがさすが弘美姉さん、スナック愛で「ざんげの値打ちもない」を聞きながら是非ともご一緒したいものだ

  • 2016 12/27

全34件中 1 - 10件を表示

このあたりの人たち (Switch library)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

このあたりの人たち (Switch library)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

このあたりの人たち (Switch library)はこんな本です

ツイートする