SWITCH Vol.35 No.3 ほぼ糸井重里

  • 54人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 糸井 重里  谷川 俊太郎  下田 昌克  南 伸坊  伊藤 まさこ  相楽 樹  川村 元気  THE BAWDIES 
  • スイッチパブリッシング (2017年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884184902

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

SWITCH Vol.35 No.3 ほぼ糸井重里の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・「信用農業論」がとても印象に残った。糸井さんはいつも、やさしい言葉で深いことをおっしゃる。何度も何度も考えてきたことだから、そういうことができるのだろうなぁ。

    ・伊藤まさこさんのおかあさまのとんかつ…!

  • ざっと,目を通した.
    そして,これは何度も何度も読み直す価値があるもんだと思った.
    という事で,ひとまず読み終わったというマークをつけておく.

  • 糸井重里300%といった濃縮度。彼が何をやってきたのか、今何をしているのやか、これから何をしようとしてるのか、全てわかる。上場後のほぼ日、果たして?ではある。

  • 特集:ほぼ糸井重里。糸井重里とほぼ日の全貌が分かる。読み応え十分。

  • 糸井さんというか、ほぼ日のスタッフの皆さんの頭の柔らかさを知った1冊でした。
    あと、いちばんツボだったのは谷川俊太郎さん!『ひとり暮らし』でも思ったのですが、やっぱり面白い人でした。

  • もじもじモジ!糸井さんの事務所のwebのデザインはとても好きです。

  • これは買うしかないね!

  • 活字いっぱい,お腹いっぱい.でも不思議とまだ入る,みたいな感じで,結局ほとんどすみずみまで読んでしまった.


    ぼくは素人なんです.と,イトイさんはいう.SWITCH 編集長の新井さんも,同じことをいっていた.ような気がする.いや,そういってたのは,ブルータスの西田さんだったか.


    ともかく,イトイさん,そしてほぼ日のスゴさをひとことで表わすなら「好奇心と,やる気,創意工夫があれば,プロじゃなくたって,いい仕事はできる」ということにつきるのではないか.

    プロってなんだ.に対する一つの回答のような,特集でした.

全8件中 1 - 8件を表示

SWITCH Vol.35 No.3 ほぼ糸井重里はこんな雑誌です

ツイートする