林檎アレルギー

  • 63人登録
  • 3.48評価
    • (6)
    • (8)
    • (13)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 丹生敦
  • 太陽出版 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884692032

林檎アレルギーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生い立ち〜セカンドアルバムまでの椎名林檎。
    ファンには堪らない。
    インターネット上じゃ知り尽くせない情報が沢山。

  •  なんだろう。椎名林檎を知る本としてはすごく内容がつまっているんだけど、文章のせいか、読んでいて気持ち良くないというか。・・・言いたくないけど、ちょっとオタクくさい文章なのよね。

  • 小5でファンになって、思わず読んだ本。
    小学生のあたしには衝撃的だった・・・w

  • 17、8であの歌詞や曲を書き上げたのかぁ。衝撃。
    初期の林檎がものっそい好きで手にとってみた一冊。

  • 大昔に貸してもらった椎名林檎の本。
    なんかよく覚えてない...。
    けどこの人と椎名林檎ってどういうつながり?

  • 影響を受けたアーティストなどが知りたくて読んだ

  • おもしろかった。書き出しがいいね、林檎嬢を患者に擬えてるとこ。椎名林檎というドキュメンタリーだと思えば、彼女の活動も興味深いよな。最初何故、事変としてまた再デビューの様な事をしたのだろうと思ってたんだけど、何か納得。「私の名前をお知りになりたいのでしょう/でも今思い出せなくて哀しいのです」って歌詞もリアルな葛藤だな、と思った。今のバンドは仮の姿かもしれないね。モラトリアムを無罪と言った彼女にすごく親近感を覚えた。昔はそこまでピンと来なかったのにね、や、違うかな、彼女の自己演出力に嫉妬してたのかも。あと、東芝EMIって酷いな!w(20061124/book・off/¥105)

  • 椎名林檎嬢の過去の写真が沢山。読んで損無しです!

  • これ読むと人生そう甘くないなって思う。
    現実を叩きつけられる一冊。

全9件中 1 - 9件を表示

丹生敦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

林檎アレルギーはこんな本です

林檎アレルギーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

林檎アレルギーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする