修身教授録 (致知選書)

  • 911人登録
  • 4.38評価
    • (124)
    • (40)
    • (34)
    • (5)
    • (1)
  • 88レビュー
著者 : 森信三
  • 致知出版社 (1989年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (531ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884741723

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

修身教授録 (致知選書)の感想・レビュー・書評

  • 国定の修身の教科書を良しとせず、自身で項目を立て、授業を行ったことがすごい。自分で一つの体系を立てるにはその十倍は学んでいなければならないと思うので。

    ちょっと生い立ちがあれで自分の道徳観は置いておいて、生き方の本を読むとサービスについて考えが広がることが多い。接客つまり人と接する時にはその人の人生観がどうしても現れる。今ある、目の前の事、目の前の人にどう接するか。そこにその人が現れざるを得ない。
    教えることと学ぶこともある意味人と接することで、二人の人の間に起こる何かが接客の本質である。そういう視点からも興味深く読みました。

    ・われわれ人間は自分がここに人間として生をうけたことに対して、多少なりとも感謝の念の起こらない間は、真に人生を生きるものとは言いがたいと思うのです。それはちょうど、たとえ食券は貰ったとしても、それと引き換えにパンの貰えることを知っていなければ、食券も単なる一片の紙片と違わないでしょう。

    ・たとえばマラソン競争などにしても、諸君らはその全体の距離なりコースなりを、あらかじめよく知っていればこそ、最後まで頑張りもきくのですが、もし決勝点も分からず、またそこへいく道行きも、果たしてどの道を行ってよいやら分からなかったとしたら、いかに走れと言われても、最後まで頑張り通すことはできないでしょう。

    ・たとえば諸君が、少し遅れて食堂へ行ったために、ご飯が足りないとしましょう。三杯食べたが、もう一杯食べないことには、どうも腹の虫がおさまらないというような場合、いつものように担当者を呼んで、ちょっと文句を言おうとしたのを「イヤちょうどよい機会だから、一つ我慢してみよう」と決心して、我慢するんです。
    ところが、人間の気分というものは妙なもので、一杯いや半杯のご飯でも、その足りないことを他人のせいにしている間はなかなか我慢のしにくいものです。ところが心機一転して、「どの程度こらえることができるか、一つ試してみよう」と、積極的にこれに対処するとなると、それ程でもないものです。

    ・たとえば今卑近な例をあげるとして、仮にここに守口大根がつくられているとして、もしそれを粕漬として売り出せば、他にはない名古屋名物となりますが、それをそうしないで煮て食べたとしたら、それは普通の大根程の値打ちもないことになってしまいます。
    このようにすべての物事は、そのものの意味を認めることの深さに応じて、その価値は実現せられるのであります。一個のものでさえそうです。いわんや一人の人間の生命に至っては、なるほどその寿命としては一応限度がないわけではありませんが、しかもその意義に至っては、実に無限と言ってもよいでしょう。

    ・もし梯子段を上に登ることばかり考えて、そのどこかに踏みとどまって鉱石を掘ることに着手しない限り、一番上の階段まで登って、たとえそれが金鉱のある場所だとしても、その人は一塊の金鉱すらわが手には入らないわけです。
    これに反して、仮に身は最下の段階にいたとしても、もしそれまで梯子段の上の方ばかりにつけていた眼の向きを変えて、真っすぐわが眼前の鉱石の層に向って、力の限りハンマーをふるって掘りかけたとしたら、たとえそれは金鉱や銀鉱ではないとしても、そこには確実に何らかの鉱石が掘り出されるわけであります。すなわちその鉱石の層が鉛ならば、そこに掘り出されるものは鉛であり、またその鉱石の層が鉄鉱ならば、そこには確実に鉄鉱を掘り出すことができるわけであります。

    ・なるほどわれわれは、維新前にはかくの如き人々を多く持っていたのです。あるいは藤樹先生と言い、あるいは梅岩先生、尊徳翁と言い、近くは松陰先生と言い、その他枚挙に暇ないほどであります。
    しかるに明治以後国民教育の制度が完備するに至って以来、かえって私たちは国民教育... 続きを読む

  • 読むたびに、人生一度、真面目に生きなくてはいけない、という思いを新たにできます。日本にはこんなに昔から今に通じる啓発があったという事に驚かされます。

  • 張りつめた清澄な講義、込められた情熱と気迫
    素直に流れこんでくる言葉に、圧倒され、畏敬の念を抱き、惹き込まれていく

    この本の講義は、第1講から頭をがつんとなぐられたかのような衝撃とともに始まりました。いきなり、自分の至らない部分に言及されたからです。

    「いかなる場合においても、大よそわが身に降りかかる事柄は、すべてこれを天の命として慎んでお受けするということが、われわれにとっては最善の人生態度と思うわけです。
    ですから、この根本の一点に心の腰のすわらない間は、人間も真に確立したとは言えないと思うわけです。」

    もっと早く出会いたかった師
    若い頃に出会っていたら、間違いなく人生変わっていたのではないかと思われます。
    それとも、今この年齢だから、一言一言が心に染み入るのでしょうか。

    人生に処する知恵がぎっしりつまっているので、素早く読み進めることはできません。
    一講一講、背筋を伸ばしてじっくりと読まなくてはいけない
    一日一講、自分でも考えながら、大切に咀嚼していかなくてはいけない
    そんな気持ちにさせられます。

    昭和12年頃の講義なのに、まったく古く感じることがないどころか、時間の経過とともに輝きを増しているように思えます。人として大切なこと、そんな先生の教えは普遍のものなのだということがよくわかりました。

    人としての修行は一生涯続きます。
    そのための人生の指南書として最適だと思います。
    学生向けなので、平易な言葉でわかりやすく、それでいて大人をも感動させる深い叡智・・・
    幅広い年代の方にお薦めできます。是非読んでみてください。

  • 人としての生き方の指針として、多大な影響を受けている。

  • 量的に読み応えあり、読み返して、その時の自分に応じて得ることが多いと思われます。図書館で借りたのですが、できれば手元に置いておきたい一冊です。

  • ほぼ治っていたが、風邪が治った後も咳を一週間位引きずっていた。本書を読み、最初は「大切な事が書いてあるが、とは言ってもねぇ・・・」とぴんと来なかったり、実践には移そうと思わなかったり、していた。が電車内で全部読み終わって。家まで歩いているときに、ふと思い出しそう言うことか!と雷に打たれた衝撃。

    「武道の有段者は風邪を引くのも恥と思え」
    最近、よく体の調子を崩すなと思っていたが、自分がダレていたからか。気を張って生きていれば、体調など壊さないし、仕事の効率も断然違う事を思い出す。以前特別な環境にいたから「ゾーン」に入り過酷な環境でもハイパフォーマンスを出せていた思い出が頭に蘇ってくる。なるほど、別に特殊な環境じゃなくても、普通の日常で気を張ってあのモードになれば良いのだと。
    長時間気を張っているのは難しいかもしれないが、どれくらいあの状態に近づけた状態を維持できるのかをやってみることに。

    「寒いと言わなくなったら、おそらくそれだけでも一流の人間になれると言ってよいでしょう」
    なるほど、同じ様に、暑い、怠い、疲れた、眠い、早く!も禁句にしよう。

    何か長い本の中の短い言葉が、私の中の何かを刺激し、行動を変えたくなった一冊。
    内容としては、教育者になる学生さん達への哲学書。

  • ・教える道は、学ばなければ。

    ・目の前の仕事を一生懸命

    ・下座行

    ・上位者に対する心得

    ・二宮尊徳

  • 9月にあった読書会の課題本。共感する部分もないわけじゃないが、言葉の端々で通奏低音のように「尊皇」「報徳」というのが漂っている時点で個人的にはダメである。

  • とてもいい文章を見つけました。蓋し名言ですね。「読書は心の食物です。人生に重大な意味を持つ経験は心の養分となりますが、その意味の深さは読書の光に照らして始めて見出せるのです。『一日読まざれば一日衰える』と覚悟し、心の養いとなる良書を読むことが大切です」

  • 欲を捨てて、誰かの役に立つ生き方をする。えらくなりたい、社会的な地位を高めたい、ある程度のお金を稼ぎたい、でも身を粉にしてやりたくもない仕事をやりたくはない、そういうことばかりを考えていた。そういう欲をすべて捨て去ることによってむしろ納得と満足の人生を送ることができるのかもしれない。ちょっとした価値観の転換。ただし、それを行動に移せるか?それが大きな課題だ。

    何かに迷ったり、悩んだり、壁にぶち当たった時に、戻っていく本がある。これもその一冊。ふと、そういえばあの本にヒントになりそうなことが書いてあったな、と気付いて再び手に取る。するとたちまち「あ、そういうことか」と悩みが解決したりする。

  • 1930年代の大阪教育大学の講義録であるが今に通ずるものが多くある。読書は心の栄養、苦労したらその苦労を他者にはかけまい、と思う者と、自分が経験したのだからこれくらい他者にしても構わない、と思う者、寒い、暑いとむやみに口にせず己を鍛えること、等

  • ものすごくよかった。道徳を理解でき日本人としての軸を知った気分

  • 【櫻井】人生のバイブル。一生側においておく本。何度も何度も読み込むことで、森先生の深い教えが伝わってくるのではないか。迷った時や壁を感じた時にはすぐにこの本を開いています。厳しさの中に深い優しさを感じる私の人生には外せない一冊。

  • 「修身教授録」
     名言は書ききれないほどあるがその一つが「一日読まざれば一日衰える」で、森先生は次のように仰る。
     読書は心の食物です。人生に重大な意味を持つ経験は心の養分となりますが,その意味の深さは読書の光に照らして初めて見出せるのです。真に志を抱く人は昔から分陰を惜しんで読書したものです。「一日読まざれば一日衰える」と覚悟し,心の養いとなる良書を読むことが大切です。
     私は平日読めないこともあり、今後の人生の戒めとしたい。

  • 一人の教師の軌跡が、お亡くなりになっていからこそ光り輝く。格調高い生き様に感服です。

  • 一度しかない人生をどう生きるべきか、を考えるにあたって、実に味わい深い言葉が並ぶ。また一回ごとに生徒が口述筆記した内容をもとにしており、教室の情景や息づかいのようなものも含めて伝わってくるものが多い。

  • 「リーダーシップ開発と倫理・価値観」クラスの時に初めて読んだ1冊。ちょっとでも社会で生きることを向上させたい方にどうか読んでほしい1冊。星は5つでは足りない。

    P.35)まず人を教えるということは、実は教えるもの自身が常に求め学びつつけなければ、真に教えることはできないのであります。

    P.36)単に教科の内容を教えることだけでも、実に容易ならざる準備と研究とを要するわけですが、さらに眼を転じて、教育の眼目である相手の魂に火をつけて、その全人格を導くということになれば、私たちは教師の道が、実に果てしないことに思い至らしめられるのであります。

    P.51)なるほど時には人の話によって感激して、自分も志を立てねばならぬと思うこともありましょう。しかしそのような、単に受け身的にその場で受けた感激の程度では、じきに消え去るのであります。たとえば今この時間の講義にしても、仮に教場にいる間は多少感じるところがあったとしても、一度授業がすんで食堂へでも急ぐとなると、もういつのまにやら忘れてしまう人が多かろうと思うのです。

    P.61)読書が、われわれの人生に対する意義は、一口で言ったら結局、「心の食物」という言葉がもっともよく当たると思うのです。(中略)ひとたび「心の食物」ということになると、われわれは平生それに対して、果たしてどれほどの養分を与えていると言えるでしょうか。

    P.64)諸君らにして真に大志を抱くならば、人から読書を奨められているようではいけないと思うのです。すなわち人から言われるまでもなく、自らすすんで何を読んだらよいかを、先生にお尋ねすべきでしょう。

    P.70)人を知る標準として、第一には、それがいかなる人を師匠としているか、ということであり、第二には、その人がいかなることをもって、自分の一生の目標としているかということであり、第三には、その人が今日までいかなることをして来たかということ、すなわちその人の今日までの経歴であります。そして第四には、その人の愛読書がいかなるものかということであり、そして最後がその人の友人いかんということであります。

    P.92)われわれ人間の価値は、その人がこの二度とない人生の意義をいかほどまで自覚するか、その自覚の深さに比例すると言ってもよいでしょう。人生の意義に目覚めて、自分の生涯の生を確立することこそ、真の意味における「立志」というものでしょう。

    P.124)いわゆるその場限りの教育なら、それでもよいでしょうが、しかしそうした教育はその場限りで消え失せる他ないでしょう。つまり子どもたちを、単にその一時間、一時間を基準にしてしか見ない教育は、その効果もまた、一時間、一時間で消え去る外ないでしょう。

    P.199)もし正式司会者のない場合には、心ある人が、それまで一度も話さない人には「どうです。○○さんなど、この問題についてはどうお考えですか」というふうに、話のキッカケを提供するのは、老練な人の心遣いというものでしょう。

    P.221)たとえその人の人柄は立派でありましても、世の中の苦労をしたことのない人は、どうしても十分な察しとか、思いやりのできないところがあるものです。つまり世の中のことは、実地に自ら経験したことでないと、察しがつきにくいものだからです。

    ~第2部~
    P.291) 人生の真の出発は、志を立てることによって始まると考える。

    P.293)諸君らがこの私から何物かを得られると共に、私自身もまた、諸君らの組をもつことによってそこに他のいずれの組をもっても得られないような独特な収穫を、私自身の心の上に得なければならぬ。

    P.295)真に志を立てるためには、どうしても人生を見通すような、大きな見識が必要だ。

    P.296) そも... 続きを読む

  • 楽天ブックス、¥2484.

  • ある先輩教諭から教えていただくまで、知りませんでした。とんでもない無知な自分です。朝読書の時間帯に一章ずつ読める量。本当に読書は頭の栄養だと実感できる良書です❗️

  • この本を元に、ブログを1年書きました。どの一節をとっても森信三の本気が伝わってきます。人生を真摯に生きることの大切さを厳しく、そして温かく伝えています。

全88件中 1 - 25件を表示

修身教授録 (致知選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

修身教授録 (致知選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする