一風堂 五輪書―自分が主人公として生きる”河原流”人生の極意

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 河原成美
  • 致知出版社 (2004年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884746735

一風堂 五輪書―自分が主人公として生きる”河原流”人生の極意の感想・レビュー・書評

  • 一風堂店主・力の源カンパニー社長・河原成美氏の著書。
    初版2004年3月。

    今から約8年前、河原氏が52歳の頃の仕事に対する考え方。
    気合と根性、あるいは、数字に強いとか、立派な事業戦略を持っているというのが、
    いわゆる起業家・経営者のイメージであれば、
    そういうイメージどとは少し異なる。

    それ以上に、自分の人生経験や学んだことから、自分なりの哲学・生き方を模索する
    哲学者・人生の求道者としての河原氏の人間的な部分が読み取れる。

    思想が似ているだけに、自分が改めて気付かされた部分は少なかったが、
    読み返すことで自分の思想を振り返ることができそうな本だと思った。

  • 一風堂のことは、よくテレビでも見ますので、興味があります。

全3件中 1 - 3件を表示

一風堂 五輪書―自分が主人公として生きる”河原流”人生の極意を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一風堂 五輪書―自分が主人公として生きる”河原流”人生の極意を本棚に「積読」で登録しているひと

一風堂 五輪書―自分が主人公として生きる”河原流”人生の極意はこんな本です

ツイートする