わが経営に刻む言葉

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 牛尾治朗
  • 致知出版社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884748876

わが経営に刻む言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分自身に必要なことば…
    【知識、見識、胆識】
    知識は大切であるが、それをただもっているだけではなんの役にも立たない。事にあたって解決する際に、こうであらなければならないという判断は、人格、体験、あるいは、これらによって生まれてくるもので、それが、見識である。
    しかし、見識を備えているだけでは、まだ不十分である。物事を実現する力がなければ、見識は、なんの役にも立たない。
    いかなる抵抗があっても、いかなる困難に出会っても、見識に基づいた信念を断行する力が不可欠である。
    それが、胆識である。
    学問は、胆識に至って始めて活学となる。

    歌舞伎には、求道ということばがある。歌舞伎がもっているすべての型を習得するのが、歌舞伎における求道である。
    そして、求道を究めたその果てにあるのが、真の個性である。
    【守 破 離】

    【一小燈、一隅を照らす】
    一人一人は、小さくとも、それぞれが、一隅を照らす生き方を貫く。
    そうすれば、全体が明るくなり、世の中は、よくなっていく。

    【果决】
    変化に対応するには、3つの難しいことがある。1つは、観察力、調査力であり、2つには、実行力である。そして3つめは、選択する決断と勇気である。
    これを果决という。

    未熟な段階では、長所を伸展させる。
    成熟したら、短所を是正するのが、有効である。

    無所属の時間
    一日に使える時間は、睡眠や食事などを差し引いて、14時間。一年にすると、五千時間。
    一般的な労働時間は、二千時間ほど。
    残りの三千時間をどのように使うかを自身に問わなければならない。
    それが、人間の大きさを形作る。

  • 尊敬する牛尾会長の本、ふとしたきっかけで本屋さんで手にしました。
    1ページづつ、大事に読んでいます。
    気になった言葉はその都度ノートに書き込みながら読んでいます。

全2件中 1 - 2件を表示

わが経営に刻む言葉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わが経営に刻む言葉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わが経営に刻む言葉を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする