森信三に学ぶ人間力

  • 69人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 北尾吉孝
  • 致知出版社 (2011年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884749132

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
池井戸 潤
落合博満
有効な右矢印 無効な右矢印

森信三に学ぶ人間力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西田幾太郎のお弟子さんで日本哲学の草分け的存在。

  • ■マインド
    1.人間は死というものの意味を考え、死に対して自分の心の腰が決まってきた時、そこに初めてその人の真の人生は出発する。
    2.忍耐の理想は「我慢する」という意識を持たず、当たり前のように出来る事。そして、そのような自己を作るのは自分以外にはない。
    3.志を立てるとこから我々の人生は始まる。そして、その志は「二度とない人生を、いかに生きるかという根本目標」となる。

  • 読んでよかった

  • TOPPOINT 2011年5月号より。

    「人間教育の師父」と称される森信三の人生、
    そして思想・哲学を著者の北尾氏が紹介。

  • あのSBIホールディングスの北尾吉孝さんが著者の本なので、
    大変興味深く読んでます。
    個人的に森信三先生の大ファンなので、内容も期待しています。

  • ソフトバンクインベストメントの北尾吉孝さんが森信三さんの
    著書に感銘を受けて、著者の生き方から、教え・考えを平易に解説した本です。

    著書の経歴を簡単に紹介すると、京都大学哲学科に入学し、
    そこで、日本を代表する哲学者である西田幾多郎の
    教えを受けました。京都大学を首席で卒業後、天王寺師範学校の講師となり
    ます。また、満州への戦争にも参戦し、何とか一命をとりとめて、
    帰国後、国民教育家として、全国で講演活動を始めました。

    あまり、著者の名は知られていませんが、『修身教授録』や、
    『幻の講話』といった著書は20年以上読み継がれている
    人間学の名著と言われています。
    書店に自己啓発本はあり余るほど、あふれていますが、
    どの本を読むか選ぶのに迷ったなら、是非心に強く訴え
    かけてくるこの本を手にとって読んでみることをお勧めします。

全6件中 1 - 6件を表示

森信三に学ぶ人間力を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

森信三に学ぶ人間力を本棚に「積読」で登録しているひと

森信三に学ぶ人間力の作品紹介

"人間教育の師父"森信三の教えに心を養う。

森信三に学ぶ人間力はこんな本です

ツイートする