中村天風に学ぶ成功哲学

  • 43人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渡部昇一
  • 致知出版社 (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884749453

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
渡部 昇一
シーナ・アイエン...
ウォルター・アイ...
リチャード・P・...
タル・ベン・シャ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中村天風に学ぶ成功哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人生をより良く生きる上で、次の二つが重要。

    1.観念要素の更改(意識の内容を改める)
    観念要素の更改とは、潜在意識を利用し、頭の中を入れ替えること。「潜在意識」は思考を現実化する力の源である。望むことを思い描き潜在意識に送り込むと、潜在意識はそれを実現させるように働いてくれる。

    2.積極的観念を養成する
    これは「積極的な考えを持て」「いいことを考えろ」ということ。そのためには、「第三者」の心で検討することが大切である。客観的に、積極・消極、善悪を判断し、潜在意識にいいイメージを送り込むことで、人生を豊かなものにすることができる。

    要するに、心の持ち方一つで、人生の一切が良くなることもあれば悪くなることもある。

    「信念の魔術(C.M.ブリストル)」や潜在意識を活かす方法を教えたジョセフ・マーフィー等、米国のポップ・フィロソフィーの主流と合致する点が多い。

  • ■マインド
    1.人生をよりよく生きる上において、次の2点が重要である。観念要素の更改(望むことを思い描き潜在意識に送り込むと、潜在意識はそれを実現させるように働いてくれる。)。積極的概念を要請する(客観的に、積極・消極、善悪を判断し、潜在意識にいいイメージを送り込むことで、人生を豊かなものにすることができる。)
    2.寝る直前は意識のレベルが非常に下がっている。よって、自分の願望などを思い浮かべるようにすると、その願望は潜在意識に入りやすい。また、朝、目が覚めたばかりのときにも、その願望を思い起こすようにする。すると、願望が実現する方向に潜在意識が働くという。

全2件中 1 - 2件を表示

中村天風に学ぶ成功哲学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中村天風に学ぶ成功哲学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中村天風に学ぶ成功哲学を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする