ホーム・アローン2 (竹書房文庫)

  • 21人登録
  • 3.54評価
    • (3)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : A.L.シンガー
制作 : A.L. Singer  石田 享 
  • 竹書房 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884751814

ホーム・アローン2 (竹書房文庫)の感想・レビュー・書評

  • ホーム・アローン1では、ケビンという少年が家族旅行に置いていかれて、留守の家をおとぼけな泥棒2人組から守るという話でした。
    この2は、家族と別の飛行機に乗ってしまい、1人だけまったく違うところへ来てしまいます。
    そこで泥棒に遭遇してしまい、再びお互いの楽しい戦いが始まります。
    これはアメリカの可愛さや爽快さがよく出ていてとても面白いです。

  • クリスマスの家族旅行当日に全員が寝坊してしまったが、今年は置いてかれることもなく、ケビンも家族と出かけるのだが、1人だけ違う飛行機に乗ってしまいニューヨークに行ってしまうのです。そこでケビンは、昨年1人でいたときにマカリスター家に泥棒に入った二人組の男に遭遇してしまったり、父親のカードを使っていたことがホテル側にもバレ今年も波乱なクリスマスを迎えてしまうのです。このホームアローンシリーズは、いつ見ても笑えるしすごく頭の良い青年だといつも思い知らされます。

  • マカリスター家は毎年恒例になったクリスマスの家族旅行に備えて、大わらわ。でも、末っ子のケビンは、「クリスマスをフロリダですごすなんて最悪!」と、おおいに不満。お金さえあれば、一人旅を思い切り楽しめるのに・・・なんと、何気なく口にした願いが、叶った! 今度は"おいてけぼり"をくったわけじゃないけれど、空港でトラブル発生。家族はフロリダ、ケビンはニューヨークへ。ゴージャスな一人旅を満喫するケビン。ところがあのマヌケなコソ泥コンビとばったり再会! リターンマッチの勝敗やいかに!?
    <br>世界中を虜にしたケビン少年のハートウォーミングな大ヒット作、待望の続編原作小説!
    <br>
    <br>
    1992年12月

  • すごい!わくわくする。

全4件中 1 - 4件を表示

ホーム・アローン2 (竹書房文庫)はこんな本です

ツイートする