ブランディング22の法則

  • 358人登録
  • 3.43評価
    • (12)
    • (28)
    • (61)
    • (4)
    • (1)
  • 21レビュー
制作 : Al Ries  Laura Ries  片平 秀貴 
  • 東急エージェンシー出版部 (1999年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784884970734

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
ジェームス W....
M.E. ポータ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブランディング22の法則の感想・レビュー・書評

  • ブランディング22の法則

    22全ての章に「〇〇の法則」という名を使い冒頭に短文で結論が述べられていて、1つのブランドの実例が紹介されている。内容もシンプルで分かりやすい言葉で、実例を元に解説されている。
    ブランディングという形のないものではあるが、自然としているものが論理的に説明されているなど再認識できるものも多く、身になるものが多かった。
    ただどうしていくという方法は深く詰めていくものではなかった。企業の方法論をリスト化したようなもの。

    言葉の法則、ブランドは消費者の頭の中に自分の言葉を所有する努力をすべきである。

    ブランドは、焦点を絞りその絞った焦点と優れた名前と高い価格を組み合わせる
    リーディングブランドはブランドではなく、カテゴリーを売り込むべき
    新しいカテゴリーの1番手であるためには、名前無くてはならない…んーアメリカ的。新しいカテゴリーと名前が価値を生む。何でも大企業のブランド名をつけるライン的な名称決定のする日本とはまた異なる。短期的な勝負をするかどうか。

    1999年に初版、2015年にも重版されており、手に取ったのは20版目。シンプルなメッセージを伝えているので(繰り返す部分もあるが)初心者には手に取りやすいのでは。

  • ポジショニング戦略をあらわした 著者らしい。
    極めてすっきりと ブランディングの法則を列挙する。
    そのなかで ブランドとは何かを 一本の赤い糸で結びつける。

    ブランドは ブランドであり、固有名詞である。
    マーケティングとは ブランディングである。
    アタマの中に ブランドを築き上げること。
    結局のところ ブランディングは ネーミングのことである。
    自分だけのカテゴリーを創って、アタマの中に住み着く。

    ブランドの力は その広がりに反比例する。
    ブランドが多ければ ブランディングしにくい。
    フォーカスを絞り込むと、ブランドは強力になる。
    いい結果は 焦点を絞る時に 生まれる。
    新しい兄弟ブランドは、新しいカテゴリーを創る場合にのみ市場にだす。

    リーディングカンパニーをなぜ選ぶのか?
    ベターだからだ。2番めを選ぶには 理由がいる。

    もし 一番手になれなかったら、自分だけのカテゴリーを創りなさい。
    混乱していた ブランディングについて すっきりと納得した。

  • 自社のブランドとは何か?
    それを明確にしないまま、多角化してはいけない。
    そこが主眼か。

    自分をブランド化する際も、他者との差別化やこだわりなどを持ち、何でも屋になっては生きていけず、会社にうまく利用されてしまうことにつながるのと似ている。
    そういう意味で原則的なヒントをもらえる。
    読んでおいて損はない。

  • - 広範囲に及ぶマーケティング機能を結合させる接着剤はブランディングである
    - ブランドはブランドであり、ブランドである
    - 雑多なものに同じブランド名を使えば使うほどそのブランドは弱いものになる。ブランドのパワーはその広がりに反比例するのである
    - いい結果が生まれるのはブランドを拡張するよりも収縮させる時である
    - ブランドについては、自分で語るよりも他人が語る内容のほうがはるかにパワフルである
    - 今日ではブランドはパブリシティによって構築され、広告によって維持されている
    - ブランドは消費者の頭の中に自分の言葉を所有する努力をすべきである
    - あなたがブランドの成長を考えているのなら、「ブランドの焦点を絞り消費者の頭の中に一つの言葉を所有することによってどれだけの市場を創造することができるだろうか」と問いかけるのが正解になる
    - 強力なブランドを築きたいと思うなら、買い手の頭の中に品質に関する強力な認識を築き上げなくてはならない
    - ブランド構築の手法とは市場の一部に焦点を絞ることである
    - ほとんどの場合、ブランド名を企業名より重視すべきである
    - 顧客が企業名とブランド名の両方を使わざるをえない時、あなたはたいていブランディング上の問題を抱えている
    - ファミリーアプローチに成功する鍵は各兄弟ブランドを独自のアイデンティティを備えたユニークで個性的なブランドにすることである。各ブランドを
    できる限り差異の際立つブランドにするのだ
    - もし活字が判読できなければ、そのロゴタイプは消費者の頭の中でほとんど存在しないことになり、まったく意味をなさない
    - ブランドとは顧客の頭の中にあなたが所有するただ一つのアイデアないしはコンセプトである

  • 楽しく読めて事例をもとに知識も得られる本としては良書。

  • 拡張の法則

    収縮の法則

    パブリシティの法則

    広告の法則
    広告はそれ自体では引き合わない。しかしもしあなたがリーダーだとすると、広告によってあなたの競合企業はあなたと張り合う特権を得るため無理な出費を強いられることになる

    言葉の法則
    もしあなたがブランドを築きたいと思うなら、見込客の頭の中に一つの言葉を所有することに努力を集中すべきである。他のだれも所有していない言葉をである

    信用力の法則
    プレステージのある商品やサービスのブランド構築に成功するためには
    ①商品やサービスを競合より高価なものにする
    ②プレステージをそれとなく表す表現を見つける

    高品質ブランドを構築するためには、焦点を絞り、その絞った焦点と優れた名前、高い価格とを組み合わせる必要がある

    カテゴリーの法則
    顧客が実際に気に留めるのは新しいブランドではなく新しいカテゴリーである。彼らはドミノには気を留めない。ピザが30分で配達されるかどうかを気にする。キャラウェイのことは気に留めない。その大型ドライバーがゴルフのスコアを縮めるかどうかを気にする。プリンスのことは気に留めない。その大型ラケットがテニスの成績を上げるかどうかを気にかける

    ピザのテイクアウトであれ、グルメのテイクアウトであれ、市場の一部分に絞る。そのうえであなたのブランド名にそのカテゴリーを代表させ(総称的効果)、同時にブランドではなくカテゴリーの利点を売り込むことによってカテゴリーを拡張する

    ライン延長の法則

    協調の法則
    プラネットハリウッドのベストな場所は、ハードロックカフェの向かい

    ジェネリックの法則
    レクサス(Lexus)は、Luxuryから数文字とって命名した
    人々の頭の中で認識する対象は文字ではなく、音声である

    企業の法則
    ブランド名を企業名より優先させるべき

    サブブランドの法則
    サブブランドはブランドが築いたものを破壊してしまう

    兄弟の法則
    一個の特性を選んでセグメントする

    色調の法則
    単一な色がほぼベストなカラー選択 ティファニー
    フェデックス オフィスで目立つ オレンジと紫

    国境の法則
    国のイメージを流用する コロナ、キリン、チンタオ

    特異性の法則
    ブランドが社会で重要な機能を果たすのを助けるのはその特異性である
    ブランドとは何であろう?それは普通名詞に代わって使うことのできる固有名詞である
    輸入ビールという代わりに「ハイネケン」を注文する
    高価なスイス製腕時計という代わりに「ロレックス」を注文する
    安全な車という代わりに「ボルボ」を注文する
    走りのいい車という代わりに「BMW」を注文する

    ブランドとは何だろう?それは顧客の頭の中にあなたが所有するただ一つのアイデアないしはコンセプトである
    それはそれほどまでに単純であり、それほどまでに厄介なものである

  • 名著にあげている方も多いと思われる本。具体例が多く1つ1つが簡潔です。短期間で直ぐに出来そうもない事ばかりですが、こういうものなんだと確認するには良い本だろうなと思いました。取り上げられているのはアメリカの企業や製品が多いです。
    ーーーーー
    第1章 拡張の法則
    第2章 収縮の法則
    第3章 パブリシティの法則
    第4章 広告の法則
    第5章 言葉の法則
    第6章 信用力の法則
    第7章 品質の法則
    第8章 カテゴリーの法則
    第9章 名前の法則
    第10章 ライン延長の法則
    第11章 協調の法則
    第12章 ジェネリックの法則
    第13章 企業の法則
    第14章 サブブランドの法則
    第15章 兄弟の法則
    第16章 形状の法則
    第17章 色調の法則
    第18章 国境の法則
    第19章 一貫性の法則
    第20章 変更の法則
    第21章 寿命の法則
    第22章 特異性の法則

  • ブランドは集中させるべきであり、拡張やライン延長、サブブランド、変更などの誘惑に惑わされること無く、「一貫性」を保つことが最善であるということを豊富な事例で説いている本。
    また競合に対しては、オリジナルのワード、かつ競合の反対の色でしっかり差別化した「認知」を獲得できるブランドデザインとし、さらには、競合参入は市場活性がなされる為、基本的に歓迎されるものとする。
    その通りと思います。

  • ブランドマネージャー必読書と思う。
    ブランド育成・ブランドマネジメントにおいて守るべき法則を、
    22項目挙げ、それぞれについて、事例を交えて説明している。

    「星野リゾートの教科書」の中で挙げられていたので読んでみた。

    監訳者があとがきで言及している通り、
    確かにダブりもあるし、抜け漏れもあるのかもしれないが、
    どれも納得感が高いものばかり。

    特にメーカー勤務の方は、
    自社品を思い浮かべて読むと、より理解しやすいであろうし、
    いかに本書でいう法則を破っている場合が多いかも、分かるのではないだろうか。


    拡張の法則、ライン延長の法則、サブブランドの法則は、
    言っていることはどれも似ているが、
    まさにこの法則をやぶっているのが自社品だった・・・

  • あんまりロジカルじゃない。

  • ブランディングの法則を、歯切れよく、豊富な事例を紹介しながら、分かりやすく解説している一冊。

  • 22の法則を様々な企業を事例として取り上げられている点が良い。
    法則→事例→結果、このような流れで構成されているので解りやすい。

  • 事例を交えた説明がわかりやすい。

  • 授業で指定された本。

    わかりやすい、明瞭。

    書き方や構成はあんまりすきじゃないけど、用語理解にはいいかな。

  • ブランディングとは何か。

  • 【読む目的】

    ブランディングの力について知りたい

    【読んだ感想】

    ブランド戦略に関して色々と考えさせられる本です。多分、暫く経ったらまた読み返すことになりそうです。

  • ポイントを確認するのによいです

  • ブランディングの話。企業名・ブランド名のカタカナが長くて多い。ほとんどがカタカナで構成されている。それを省いて要点を整理すると数ページになるかも。

全21件中 1 - 21件を表示

ブランディング22の法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブランディング22の法則を本棚に「積読」で登録しているひと

ブランディング22の法則の作品紹介

著者たちは前著『フォーカス-あなたの会社の未来はフォーカスにかかっている』の中で、企業が収益性を高め、よりパワフルになるためにどのように自らをフォーカス(焦点を絞る)すればいいか、その方法を記述した。本書はそうしたフォーカスのコンセプトをマーケティング・プロセスそのものに適用したものである。マーケティング・プロセスの最も重要な目標、広範囲に及ぶマーケティング機能を結合させる接着剤は、ブランディング(ブランド構築)のプロセスである。

ツイートする