アルケミスト―夢を旅した少年

  • 580人登録
  • 3.91評価
    • (111)
    • (82)
    • (114)
    • (13)
    • (0)
  • 117レビュー
制作 : Paulo Coelho  山川 紘矢  山川 亜希子 
  • 地湧社 (1994年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885031182

アルケミスト―夢を旅した少年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらりと読めるけど、とても哲学的で感覚的な本。登場人物たちを見ていると、人生の選択って、色々だな〜と思う。ただ、自分の選択で自分自身が納得できるかどうかが一番大事なんだろうな。
    個人的には、クリスタル売りの商人の、一生憧れは憧れのままでそれを糧にして生きていく様に共感してしまった。

  • 引き寄せの法則の物語での形。内容はカーネギーの「道は開ける」と同様、信じれば優しい宇宙は、その通りにヒントを与えてくれ、必ずかなうというもの。でもこの本の良いところは、自分にとって何の形がほしいのかを考えることの大切さだった。
    主人公は、それを前兆として夢で見る。それは宝を見つけるということだった。でもいわゆる陳腐な本当に必要なのは富ではないという結末ではなく、手に入れるまでの過程における自分の心との対話であるように思う。
    まだ見えない未来に意味は無く、過ぎてしまった過去にとらわれてはいけない。何かを選ぶときは何かを捨て去るときで、それは等価交換の関係にあり、大きくアルケミスト(錬金術師)が象徴的に描かれるのであろう。
    費やした時間に対する実績、売買、生命の循環。不平等に見えてもそのときには、適切な価値であると思えば、等価交換は成り立つ。
    自己対話による克己ではなく、納める己、受け入れる己。明日死ぬのと今日死ぬことの違い、今を生きることの大切さを説く。
    でも結局は、自分が何をしたいのか、これを見つけることが一番大切なのだと思う。少年は外の世界を望み、神学校から羊飼いに、夢で見た富を望み、羊飼いから旅人に、旅人から時詠みに、そして最後は男になる。思わぬところで思わぬ啓示が思わぬ形で現れていて、それを見逃さないように、毎日、すべきことをを一生懸命行い、その真理を突き止めようとする心こそ大切だと教えてくれる。

  • 読み終わって、頭に思い浮かんだ言葉。

    「メメント・モリ」……死を思え。

    いつか自分は死ぬ。

    死ぬ瞬間に、その時に、

    「あ~、あれやりたかったなぁ」

    という後悔って、一番しちゃいけないものだと思う。

    「自分がやりたいことを、自分はやっているのか、もしくはやろうとしているのか。」

    『アルケミスト』は、手を変え品を変えこのことを言っている気がする。

    思い立ったが吉日。

    もし、夢に向かって歩き出した時にいいことが起きたら、それは、きっといい結果が待っていることの「前兆」。

    だから、夢へと続く"きっかけ"を見逃さないで。夢へと走り出したら、モチベーションを持ち続けて。


    夢への道のりでの最大の障壁は、「安定した環境」。
    作中では、主人公を数回、「安定した環境」の魔の手(?)が迫る。
    その度に彼は、「夢をあきらめて、ここで平穏な生活していこうかな」と思うものの、結局は歩みを止めない。
    その一方で、"歩みをとめた"サブキャラクターについても描かれている。
    夢を叶えるよう努力するか、安定した日常を選ぶか。賛否両論ある。ここでどちらが正しいとは言わない。
    今のご時世だと、前者の方が支持されるか。「自分のmission」という言葉があるし。


    そう言えば、これを読み終わった後。
    マイミクさんが紹介していた、故・スティーブ・ジョブス氏の演説を見た。それは今朝のテレビでもやっていたのだが、彼は癌に侵された後、毎日、鏡の前で

    「今日が人生最後の日だとしたら、今日することは私のしたいことだろうか」

    と、自分に問いかけているのだそうだ。

    まさに、『アルケミスト』の内容とオーバーラップする演説だった。

    夢をつかむのか、ありふれた毎日を送るのか。
    夢への一歩を後押しするような、彼の一言。

    「Stay hungry, Stay foolish」

    3回繰り返されたそのフレーズが、今も私の耳に残っている。


    一度読んでみるといいかも、な本。

    その衝撃(?)のラストを含め、お勧めです。

  • 2011.07.31-08.03

  • メルキゼデックとか錬金術師とか賢者の石とか
    なんだか懐かしい言葉がたくさん出てくる

  • 自分の人生を生きる

  • あることを契機に再読、★2.5かなぁ。
    小説というよりも人生訓という詩の連作という感じ。一つ一つの言葉に重みを感じる人には良い作品だろうと素直に思いますが、ストーリーテリングをある程度重視する当方のような人間にはどうなんだろう?
    言葉を語るために流れを止めてしまう感じがあり、乗り切れなかったです、確か初読の時もそう感じたように記憶しとります。
    実際、この作家の他作品はいま一つという噂を聞いたことがありますが、何となく分かる気がするな。

  • 数年ぶりに再読。「大いなる魂」とか「前兆」とかいった言葉からなんとなくスピリチュアル系なん雰囲気を感じた。

  • 羊飼いの少年は、同じ夢を二度見たことになにか意味があるのではないかと考え、夢を解釈してくれる老女の元を訪れます。
    そこから、少年の旅が始まります。

    面白いと勧められて読んだのですが、面白かったです。
    物語としても面白いですし、哲学的であり、自己啓発でもあるのですが、取り立てて小難しいことが書かれているわけではなく、とても読みやすい。
    かといって、物足らないような内容でもなく、読みながら、あるいは読み終わったあと、考えされられる部分が多々ありました。
    後半の、錬金術師と少年の会話は、ぐさりと刺さってくるものがあります。

    「傷つくことを恐れるのは、実際に傷つくよりつらいものだ」

  • 何度か夢に出てきた宝物を探すためにスペインからピラミッドへとむかう少年が旅の途中で様々な人と出会い「大いなることば」を学び、自分の心と向き合う。児童書っぽいけれど、信仰や哲学は大人が読むために書かれたのでは?とも思う。原書はポルトガル語だということなので、日本語で読んでみたが、巻末に英語から日本語に訳されたとあったので、しまった、英語で読めば良かったと後悔。

全117件中 1 - 10件を表示

パウロ・コエーリョの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
アーシュラ・K....
梨木 香歩
万城目 学
有効な右矢印 無効な右矢印

アルケミスト―夢を旅した少年に関連する談話室の質問

アルケミスト―夢を旅した少年を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルケミスト―夢を旅した少年の単行本

アルケミスト―夢を旅した少年のペーパーバック

アルケミスト―夢を旅した少年のKindle版

ツイートする