自分さがしの瞑想―ひとりで始めるプロセスワーク

  • 60人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : Arnold Mindell  手塚 郁恵  高尾 受良 
  • 地湧社 (1997年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885031359

自分さがしの瞑想―ひとりで始めるプロセスワークの感想・レビュー・書評

  • 前々からよみたく、ブックオフオンラインでやっと入手
    とりあえず読み終わったというかんじ。これをベースに瞑想するのは一苦労しそう。
    日々是瞑想ということで、只管打坐にも通じるものがあるかなと。

  • 「自分さがしの瞑想」。なんて、うんざりするタイトル。

    が、原題は、”working on yourself alone"で、「自分さがし」というニュアンスはない。そういう確固たる「自分」みたいなものがあると考えないのが、プロセスだからね。

    というタイトルの酷さに眼をつぶれば、これは、もっとも分かりやすく共感できるプロセスワーク入門だ。タイトルが示すように、一人でやるインナーワークが中心になっているが、プロセスワーク全体が見はらせるようになっている。

    と偉そうに書いているが、ミンデルの本は、これで5冊目くらい。

    でも、ここから読み始めれば、他の本も、もう少し分かりやすかったかなと思った。

    特に、冒頭部分の西洋的な瞑想と東洋的な瞑想の違いからスタートする部分は、スコンと腑に落ちたし、最後のQ&Aの部分も、実によく理解できた。 

    そうか、プロセスワークの瞑想は、「悟り」という状態を求めるものでなく、「気づき」(Awareness)という自分や世界のプロセスを意識することなんだな。このawarenessが最も発達した段階が、覚醒か。

    つまり、ブッダ=「目覚めた人」というわけか。

    ブッダは、永遠の悟りを得たのではなく、すべてのプロセスに対してオープンな覚醒を得た人だったのかな。

    なんて、思った。

  • 気になっていたプロセスワークのことがちょっとずつ分かってきた手ごたえ。ちゃんと感じること、考えることを大切にしていきたい。

  • コーチングやる人は必読だと思う。
    自己成長のための手引き

  • プロセス指向心理学を確立したアーノルド・ミンデルのプロセス瞑想の実践本。ミンデルの本はどれを読んでも心が落ち着きます。

全5件中 1 - 5件を表示

自分さがしの瞑想―ひとりで始めるプロセスワークを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分さがしの瞑想―ひとりで始めるプロセスワークを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分さがしの瞑想―ひとりで始めるプロセスワークはこんな本です

ツイートする