宇宙とつながる気功レッスン

  • 18人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 地湧社 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885031724

宇宙とつながる気功レッスンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高藤本全部読んでネット情報漁って行をして仙道を極めるに膨大な知識が必要なのに気がついて気が遠くなったらお勧めです。
    高藤本でそのものをホンの少しだけしか触れてない部分がこの本の中にはそれより詳しくしるされています。

    とはいっても『遥かなる虚空への道』でもあるようにマニュアルはあくまで道標に過ぎないわけで、甘いものではなかったり危険なかおりが漂っていますが。
    これによって高藤本ではいまいちピンと来なかった部分がわかって、助けられたひとは私だけではないのだろうと思っています。

  • 気功とは、「本当の自分とは何者か」(自性)を知ることであることが理解できました。

  • 著者紹介によると、24歳の時に中国へ渡り気功を学び始め、その後、世界各地の音楽や舞踏など伝統文化に接しながら独自と気功体験を深めたとある。カナダに在住する人だ。中国で三人の先生について気功を学んだ頃の体験や、その後、個性豊かな一人弟子「ちゃーちん」の素朴・率直な質問に苦労して答えながら、気功を教えていく姿が、とても分かりやすく愉快な文章で書かれている。速読で必要なところだけ読もうとするのだが、ついつい普通に続けて読んでしまう。体験は、具体的に正直に書かれているようで、とても参考になるし、自分も気功を再開しようと、刺激になった。相性の合わない先生の元を去る話、樹木との気の交流の話、その他、様々な気の体感を上から教えるという形ではなく、自分が歩んできたプロセスとして書いているから親近感がもてる。また、師匠を選ぶときの人間を見る目などにこの人の人柄が出ており、書いていることは信頼できるなと感じる。気功を知らない人への入門書としてもおすすめだ。

全3件中 1 - 3件を表示

宇宙とつながる気功レッスンの作品紹介

気功のこと、人に伝えたいのにうまくコトバにならない…何年もモワモワを抱えていた私の前に、ある日めっぽうおかしな弟子「ちゃーちん」が出現。その不思議なセンスに乗って、気のドアをひらく冒険が始まった。

ツイートする