半ケツとゴミ拾い

  • 134人登録
  • 4.15評価
    • (26)
    • (18)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 荒川祐二
  • 地湧社 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885032011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 天風
三浦 しをん
原 宏一
デール カーネギ...
喜多川 泰
喜多川 泰
斎藤 一人
ジェームズ アレ...
てんつくマン
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

半ケツとゴミ拾いの感想・レビュー・書評

  • 朝6時から、新宿駅東口でごみ拾いをするという、誰でも出来そうなことだが意外とできないことをして、人生が変わった人の話。

  • とてもおもしろかったです。
    クスっと笑えて、ヤクザさんたちの優しさには少しほろりときました(・・;)
    やっぱりあのホームレスさんが面白くてほわっとなりました。
    わかった気になっていたけど自分の目で見ないと何もわからないという言葉は自分にも言えることなのでドキリとしました。

  • 「誰にでも出来る事が人生を変える」私も、著者と同様といかないまでも、大学入りたてのときは目的がなく、多くの大学生が経験する、入学したとたんに起こる無気力。が、アルバイトを通じて、感謝される喜びを感じた。しかし、社会人になって愚痴が増えた。自分ばかり・・・。「大きな事はしなくていい。大切な事は、1歩を踏み出す勇気。踏み出せば、今この瞬間から、世界は変わる」そうだ、私自身が元気に、そして、喜ばれることをしていこう。家族へ、ご近所、同僚へ。

  • とにかく、悩む前に、行動!ってこと。

  • 2013年度 読書感想文課題図書

  • 何でもいいから実際にやってみ

  • 自信、夢、希望、何もなかった若者が、ゴミ拾いで自分の人生を変えた。

    著者は20歳でゴミ拾いを始め、22歳でこの本を書いた。

    本の後半は行動することにより、より良い人生を送って幸せになってほしいと自分より若い世代に向けての熱いメッセージに溢れていた。

    身近な行動で人生を変えた著者の今後に注目だ。

  • 笑った!泣いた! 「世界を変えた」感動のムーブメントストーリー。


    最近読んだ本の中に書いてあった言葉が忘れられない。
    もし、自分がこの世からいなくなっても、世界はなんら変わりはしない。
    だが、自分1人生きていれば、世界を変えることは可能である。

    この「半ケツとゴミ拾い」の著者・荒川祐二氏は、
    上のような大それた使命感ではなく、
    へんな脅迫観念にかられて、たった1人で新宿駅のゴミ拾いを始めた。
    だが、やがてその行動は、周りの人間を1人変え、2人変えやがて大きなうねりとなった。

    何十万円お小遣いをもらっていたときは、一度も感謝をしたこともなかったのに、
    掃除の後、もらった缶コーヒーの味と感謝の思いは一生忘れられないものになったという。

    自分も何か動きたくなる本。
    そして、周りを気にせず、思いっきり泣いてください。
    あなたにも「それ」ができるから泣けるんだと思う。

    ま、いくらチャランポランとはいえ、上智大学生。
    恐れ入りました。

    【ココメモポイント】
    ・悩み続け、迷いつづけ、その中で僕は、たくさんの人のアドバイスを聞いた。たくさんの本を読んだ。
     しかし、結果的に僕がそこから得た答えは、
     
     「そこには答えはない」ということだった。
     P.30
     
    ・大切な事は、良い事であっても、悪い事であっても、すべて僕自身から出ているということをしっかりと自覚すること。
     P.173
     
    ・今、自分の目の前にある現状に満足し、「ありがとう」という言葉が言えたとき、その時、人は真に幸せになることが出来るのだと思う。
     P.182
     
    ・大きな夢や理想があるのなら、今、この瞬間にあなたに出来ることをしよう。
     P.208

  • 続けることの大切さを再認識した

  • 私も何か始めたい!!!と思わせてくれました(*^^*)

    それで、始めたのがブクログ♪
    頑張るぞ!!

  • 見習いたい。
    俺にも何か出来る事があれば行動したい。
    そう思わせてくれた。

  • けっこうそこらじゅうにいそうな男子が、けっこうすごいこと、やっちゃうんだな。

  • 誰にでも出来る事が人生を変える 自分を変えたい 実際に自分自身で体験してみなければわからないことってあるんだな 喜びは喜びを呼び、楽しみ.はさらなる楽しみを呼ぶ 自分が変われば、すべてが変わる すべての始まりは小さな、小さな1歩から 

  • 何かを始める時。
    そんな時に読むといい本だなー!

    勇気もらったよ!

  • 夢なし自信なし希望なし「ダメ男3冠王」の大学生が

    一つの行動をきっかけに自分が変わる。。。


    その行動とは「毎朝6時に新宿駅東口を掃除すること」
    決してただの武勇伝ではなく、
    自分も行動すれば変わると感じさせてくれます!

    笑アリ涙アリで感動の内容です。
    何か自分を変えたいと思う人には

    ぜひぜひオススメしたい本です☆

  •  やりたいことも将来の夢も何もなかった著者が、『107+1~天国はつくるもの~』という映画を見て、自分を変えたいと思った。そして始めたのは、新宿駅東口でのゴミ拾い。「一緒にそうじしてくれる人募集!!」の看板を背負い、一ヶ月は続けると決めやりはじめる。

  • 新宿駅東口でこんなことがあったなんて全然知らなかった。小さな一歩が大きな一歩だと身をもって体験したことと、その一歩を踏み出す勇気が大切だということがよく伝わってきた。

  • 自己啓発本
    頭で考えて、いつか何とかなるさーって諦めちゃダメ!
    そう思っててなかなか実際行動に移せないことも多いけど…

    とっても勇気を貰ったし、
    行動する大切さ教えてくれた!

    面白くて読みやすいのに、たまに出てくる言葉に勇気づけられる★

    元気がでる一冊です!とてもオススメ。

  • 夢も理想もなく、毎日だらだらと過ごしていた典型的な「ダメ男」だった著者が、ある映画(「107+1 ~天国はつくるもの~」)に強烈に感動し、「自分を変えたい!」と、新宿駅東口の毎朝1時間の掃除を開始。「一緒にそうじしてくれる人募集」というダンボールの看板を背負って。
    はじめは、あらゆるものが捨てられているゴミに圧倒され、ヤクザに唾を吐きはきかけられたり、通行人に邪魔者扱いされたり、ホストに殴られたり、けんかに巻き込まれたり。
    1ヶ月はどんなことがあっても続ける、という兄との約束を守るためだけに、いやでいやで仕方がなかった掃除を続けるが、もうこれ以上続けられない、というときに、「あと1日だけ」と言って行ってみると、1人のホームレスが手伝ってくれた。
    それから協力者は2人になり、いつしかヤクザのおじさんやホストに兄ちゃんから感謝の言葉や缶コーヒーをもらうようになり、新聞の取材を受けたことをきっかけにテレビにも取り上げられ、全国から協力者が集まるように。そして、2007年5月3日には、「同時多発エコ」というイベントを開催し、全国444人が日本各地で合計5トン以上ものゴミを拾う。
    挙句の果てには、全国の学校や企業から講演の依頼が舞い込み、青年版国民栄誉賞を「キング・カズ」こと三浦カズと並んで受賞したり、皇族の高円宮妃殿下の御前で講演をするまでに。

    信じられないような人生の変化。
    でもそれはすべて、「自分を変えたい!」という一心で始めた、新宿駅東口の掃除から始まった。

    行動すること、勇気を出して一歩を踏み出すことの大切さを教えてくれる一冊。

  • 兎に角、行動を起こし、継続すれば、道が開ける。
    何をするのかを考えて、自分で決めたことはあきらめない、投げ出さない。今のままではダメだと思ったら、兎に角行動すること。
    そういうメッセージが、著者に起きたこと、そのときの気持ちを通して、伝わってきた。

    やる気が出る本。

    そして、とても読みやすい。

  • 重要なのは行動!!それをおしえてくれた本。

  • 読んでいると勇気がわいてきます。
    なんでもいいから一歩を踏み出すこと。そうすれば、そのあとは大きく変化していく。踏み出さない限り変化はない。(←この瞬間から踏み出すのだ!)

  • ゴミ拾いから自分の人生が変わって言っちゃうというお話です♪


    すごく笑えるけど、すごく泣ける話でもあります。


    この本を見ると、本当に小さなことから自分を変えられるしまた周囲の人たちも変えられると勇気が出ます♪

    目の前にあるゴミを見た時に一つ拾って微笑むことが出来ると思います☆

  • 今まで読んだ自己啓発系の書籍で一番面白かった。

    紙面のデザイン、著者荒川さんの人間性が面白い。
    おすすめ。特に大学生に。

全30件中 1 - 25件を表示

半ケツとゴミ拾いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

半ケツとゴミ拾いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

半ケツとゴミ拾いの作品紹介

「夢なし」「自信なし」「希望なし」誰もが認めるダメ男が、日本一汚い新宿でのゴミ拾いを通じて「自分が好きだ」と言えるようになるまでの感動おもしろドキュメント。

半ケツとゴミ拾いのKindle版

ツイートする