わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))

  • 40人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 中村和子
制作 : 杉田 峰康 
  • チーム医療 (1984年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885090035

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ヴィクトール・E...
阿部 紘久
ジェームズ アレ...
百田尚樹
イアン スチュア...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))の感想・レビュー・書評

  • 交流分析というのは、心理療法の一つのジャンルで行動療法に含まれもするが、内容としては精神分析の一派である。ちなみに、心理療法には大まかにわけると、精神分析と行動療法という、前者は心理状態を内側から力動的に把握する、後者は心理状態が外部に表出した行動を改善する、といったアプローチであるのだけれども、交流分析は、精神分析をわかりやすくした上で、行動面からアプローチをとるという両者の中間的な性質を持ちうる。具体的には、C(child)、P(parent)、A(adult)の三つを用いる。C=欲動=エゴ、イドであり、P=超自我=規律、A=自我=理性といった具合である。だが、交流分析は更にPとCを分化する。PはCP(critical parent)=批判的P、NP(nurturing parent)=保護的P、FP(free child)=自由なC、AP(adapted child)=適応したCといった具合である。精神分析的に言えば、CP=超自我であり、FP=イドとなるわけだから、精神分析よりも、こちらのほうがいわゆる母性であるNPやよい子であるAPを含んでいるだけより現代的と言えるのかもしれない。そして、それぞれの人々はそれぞれのPACを用いて交流している、というところから交流分析という名前がついているようだ。これを交流している際に、互いに思ったとおりの交流が出来ている場合、それがずれている場合、また表面的な交流と同時に裏面的(真意)的な交流がなされている場合などパターンわけすることでそれぞれの交流の分析を進めていくこととなる。ちなみにゲーム分析や脚本分析はそれほどいい意味で使われてはいない。というのも、交流分析が治療法であるからであり、その治療をする際に、クライエントの症状を分析するゲーム分析や脚本分析が+となるわけもないからである。ゲーム分析というのは一種のゲームのようにして、プレイヤーによって交流が歪められている場合であり、脚本分析というのはプレイヤーが予めつくった脚本をなぞるようにして交流が行われてしまうことを言っている。そして、この悪循環からの交流をやめるためには、今現在行われている交流をしっかりと理解すべきであるし、理解した上で必要なストローク=接触的な愛情を与えるべきである、としている。また、最後に特性論を用いた類型論的性格がのっている。いわゆる、自己肯定他者肯定、自己否定他者肯定、自己肯定他者否定、自己否定他者否定の四つである。これは実際にエゴグラムという、上述のPACをグラフ化することでその傾きから性格を見るというものである。自分は自己肯定他者肯定となった。NPが一番高く、次がAというのがその特徴らしい。自分はNPが異様に高く、Aもけっこう高い、次いで他の三つが横並びといった状況である。表面的に見たら、随分といい感じだし、一般的に見てもみんなが自分のことをそう評価してくれる。「明るくて協調性があり優しい、真面目で努力家、責任感が強く一生懸命、後は不器用で猪突猛進のきらいあり」みたいな感じだろうか。しかし、内面は必ずしもそうではないのである。といったあたりが、交流分析が行動療法に含まれるゆえんなのだろう。あと、実利性が強いところもあまり好きにはなれないかな。

  • 交流分析について、さらっと全体の解説があって、雰囲気がわかった気がする。
    で、実践に向けて、という話だと、個人的にはパターンわけはあまり好きではないので、参考にしつつもこの通りにはやらないんだろうなぁ。

    いろんなタイプやケースがあるんですよ!っていう参考にはなるかも。

  • 心理学では有名な「交流分析(エリック・バーン)」について書かれた本です。心理学に興味のない方が読まれても、新しい発見と大きな気づきが生まれ、「自己理解」が深まることと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))を本棚に「積読」で登録しているひと

わかりやすい交流分析 ((Transactional analysis series (1)))はこんな本です

ツイートする