激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析

  • 27人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 村上朋子
  • エネルギーフォーラム (2010年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885553820

激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 311直前の原子力ルネサンス再来時の原子力国際マーケットの状況が把握できる良書。

  • 2011年2月
    ・原子力を取り巻く環境の最新のレポートといったイメージ.
    ・政治(各国の国内政治・外交),経済(各国各企業の戦略),技術(メーカー間の技術競争)の面から,幅広く原子力の現状・展望が描かれている.
    ・原子力が必要な理由は,環境保護の面よりもエネルギー安全保障の面の理由が大きいと分析している.

全3件中 1 - 3件を表示

村上朋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中川 恵一
ジェイムズ・P・...
マイケル・ルイス
有効な右矢印 無効な右矢印

激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析を本棚に「積読」で登録しているひと

激化する国際原子力商戦―その市場と競争力の分析の作品紹介

国を挙げての熾烈な「原子力サバイバル」が始まった!日本の産業競争力向上に原子力産業が果たすべき役割とは。

ツイートする