誤解だらけの遺伝子組み換え作物

  • 19人登録
  • 3.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 小島 正美 
  • エネルギーフォーラム (2015年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885554551

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

誤解だらけの遺伝子組み換え作物の感想・レビュー・書評

  • GM作物は、科学的な立場から見れば、安全性に問題がないと言えるのだ、という客観的な論点があるにも関わらず、様々な理由で、GM作物は一般消費者に受け入れられていない。本書が問題としてあげている点で、最もわかりやすいのは、特に日本国内でのそういう状況において、そもそもすでに国外で生産された遺伝子組み換え作物が輸入され、大量に消費されているのに、国内でのGM作物の生産には制限や抵抗があるというのは変ではないか、という点だろう。いわゆる清涼飲料水に使われている果糖類が米国産のGM作物であるトウモロコシが原料だったり、スーパーで売られている豚や鶏などの飼料にも輸入されたGM作物が使われている。にも拘わらず、海外で生産されたものを使うのではなく、同じGM作物を国内で生産することの何がよくないのか(むしろメリットではないか)、という点は、よく考えるまでもなく、シンプルな論点であり、シンプルであるがゆえに反論は難しいはずだ。

    本書を読めば、GM作物に対しての心理的抵抗や、購買行動の抑制は、理由は様々だが、確かに誤解の上に構成されているのだろうな、ということが分かる。そもそも自然界で、人為によらず遺伝子は変化を続けてきたわけであるし、GM作物についても、組み替えられるDNAは全体の極めて小さい範囲であり、かつ、組み替えたからといって、非GM作物と比べて、姿かたちも、耐病性、耐害虫性などの特性も、極端にかけはなれたものが作り出されるわけではない。逆に言えば、GM作物に対して、何か、自然界に本来あるべきものとは、相当かけ離れたものが作り出されている、というイメージが生み出されているように思える。しかし、実際にそんなことはない、というのが本書の論旨である。

    われわれ一般消費者からすれば、いろいろな世の中の情報の多くは、マスコミから伝わる。ネットの世界で共有されるものも最近は多いが、二次的、三次的だったり、つまり根拠がよくわからないものが圧倒的に多いわけで、いずれにしても、正確な事実に近づこうとするのは、難しく、かつそうするには結構時間と労力が必要になる。

    私自身、本書を読むまでは、GM作物には悪いイメージを「なんとなく」持っていた。自然界に反する行為、生命を操作するのは許されるのか、という、言われてみれば根拠のない理由で反対する姿勢だった。ただ、一方で、前述のようにほんとうにそうなのか、正しい情報を自分は持って判断できているのか、正しい情報を知れば、理解し容認できる可能性があるのでは、と心のどこかでは思っていた。

    本書を読んで、さっそくGM作物は問題なし、国内でも解禁すべし、と声高に主張したりするつもりもないし、まだ心のどこかに、それでも本当に安全なのか疑う気持ちや、反対する理由や根拠がどこかにないかと探そうとする気持ちが残っている。ただ、少なくとも、本書にはそれまで知らなかった、GM作物の現状や、反対を喚起する様々な情報が実は非常にイメージ的なものでしかなかったりする根拠が、きちんと誠実に説明されているのは間違いない。

    マスメディアがこういうGM作物のようなものに関わらず、本来果たすべき役割は重いはずである。個人的な視点だが、例えば、食品会社にとって、自社製品に「遺伝子組み換えでない」という表示をするのは明らかにコストがかかっているはずだし、行政の面でも、許認可や規制になんらかのコストをかけているはずである。それらのコストは結局、消費者が負担することになっている。

    ただなんとなく怖いな、というだけの姿勢では、消費者は安全面でもコスト面でも自らを守ることができないと思うし、少しだけでもGM作物については関心を持ってみる必要はあると思う。多くの科学者の意見や、実際にすでにGM作物を栽培している現場で、どういう考え方、意見があるのか、... 続きを読む

  • 世に言うデメリットばかりなら何故、アメリカの作物は遺伝子組換えなのか。それは特許料をプラスされても遺伝子組換えにはメリットがあるから。
    科学的に遺伝子組換え作物についての議論はない。

  • 自分の意見とは異なるものこそあえて近づいてみようとの意思で。うん、自分がいかに漠然とした不安を遺伝子組み換え食品に抱いていたかを思い知らされた。マスコミや無添加をうたったオーガニックショップに踊らされかけていたのかも。実際に目で見て確かめることが必要だなあ。

    <メモ>
    すでに食用油や清涼飲料水の甘味料、家畜のえさとしてGM作物はほぼ全員の日本人が毎日口にしてる。「遺伝子組み換えじゃない」表示は決して安全を保障するものではなく、ただ消費者の不安をあおり、企業の自社商品のアピールだけのこともある。農家は別に大企業の奴隷ではなく、自分で買いたい植物や種を選べる。農家自体がGMを育てたいと希望していることも。特に北海道。国では栽培の規制はないが、県の条例が規制しているので実質育てられない。GM作物のメリット(収益倍増、害虫に強い)なども認識すべき。アメリカだけでなくフィリピンなど途上国でも栽培されている。遺伝子組み換えでないと書いてあっても5%以下なら混じってても表示義務はないので実際は入っている可能性がある。

  • 遺伝子組換えの本質を正しく理解していますか?

    「遺伝子組み換え」
    って、皆さん、どんなイメージを持ってますか?

    もちろん、きちんと勉強して、何のことなのか、
    リスク、メリット、デメリット、
    どういう課題があるのかを理解しておられる方は別です。

    私は全然不勉強でしたので、

    「遺伝子組み換えしていません」

    って、表示されている食品があるんだから、
    表示されてないのはしているのかもしれないなー
    そして、遺伝子組換えをしているのは、
    少なからず悪い影響があるんだろうなー
    (してますともしていませんとも表示されていない
    食品が多数あるので)

    多くの直接的に詳しく携わっていない方は、
    私と同じような印象なのでは無いでしょうか?
    あ、もっと危険と思っていたり、
    逆に楽観的に危険でないって思ってる方もいらっしゃると思います。

    本書は、完全に、
    「遺伝子組換え」に賛成派の方の意見が集まって
    国内外の多くの科学者、研究者、ジャーナリストとの皆様の
    意見がまとめ上げられている書籍になります。

    本ジャンルについて、
    食に関するブログを書いていることもあり、
    少なからず気になる点はありつつ、
    健康面とかとかけ離れた生活をしているので、
    見てみないふりをしているのが事実だったりします。

    今回、この書籍を読んでみて(2度読みしました)
    私としては、腑に落ちています。
    自身を含め、誤解が多いんだろうなーと、思います。

    また、反対派の意見も読んでみたくなりました。

全6件中 1 - 6件を表示

誤解だらけの遺伝子組み換え作物の作品紹介

メディアが流す"リスク情報"はたいていの場合、何らかのゆがみ(バイアス)がある。その中でも最たるものが、遺伝子組み換え作物に関するニュースだろう-。同じ組み換え技術でもなぜiPS細胞は称賛され組み換え作物は否定されるのか?内外の専門家やジャーナリスト、有識者がその誤解を解く。

誤解だらけの遺伝子組み換え作物はこんな本です

ツイートする