遠野奇譚

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 藍沢羽衣
  • エネルギーフォーラム (2016年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885554612

遠野奇譚の感想・レビュー・書評

  • 遠野

    座敷童子にゴンゲサマ、河童、山人、神隠し、そこに息づく「不思議」たち

    主人公の花菜は、とあるおかしな事件をきっかけに、遠野で林業を手伝うことになる。

    そして無愛想な青年・拓実とともに、遠野の不思議な出来事に巻き込まれていく…。


    【神戸市外国語大学 図書館蔵書検索システム(所蔵詳細)へ】
    https://www.lib.city.kobe.jp/opac/opacs/find_detailbook?kobeid=CT%3A7200198996&mode=one_line&pvolid=PV%3A7200498886&type=CtlgBook

  • 現代ではすっかり影を潜めて、ゲゲゲや妖怪ウォッチなどでしかお会い出来ない物の怪たち。
    遠野の深い山々にはまだまだいるのだろうか。

    少女マンガを読むような感覚でスラスラと読んだ。
    淡い、恋心とも言えないような気持ちが、文体が、
    そうさせたのかな。

  • 遠野というと、どこか別世界のような印象もなくはなかったけれど、考えてみたら、何度も通りかかってたんだなぁと、思い出しました。
    こうやって昔ながらの生活があって、風習があって、神隠しなんかもあって、一度ちゃんと訪れたいなとも思いました。ジンギスカンも込みで。
    2016/7/20読了

  • 遠野物語をモチーフにして山村で起こる怪異と神隠しにあった青年の不思議な力の
    真実・・・ラストの切なさと家族愛をわかったうえでもう一度読み返したくなる、
    長女だから、姉ちゃんの気持ちすごく分かるよ・・・・・

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする