逃げてゆく水平線 (はじめて出逢う世界のおはなし イタリア編)

  • 32人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Roberto Piumini  長野 徹 
  • 東宣出版 (2014年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885880841

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリック・ネス
リュドミラ・ペト...
フェルディナント...
フェルディナント...
辻村 深月
ジョージ・ソーン...
ピエール ルメー...
サルバドール プ...
恩田 陸
いとう せいこう
ジョー・ウォルト...
柏葉 幸子
エラ・フランシス...
アーナルデュル・...
ショーン・タン
有効な右矢印 無効な右矢印

逃げてゆく水平線 (はじめて出逢う世界のおはなし イタリア編)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んで不安になる奇妙なイタリア文学がブッツァーティなら、笑える奇妙がこちらのピウミーニ。貴族の間で決闘が無くなった理由「ナバラの決闘」、19頁で心を鷲掴みにされ大爆笑。イタリア版破獄はやっぱりユーモラス「囚われの料理人」、「メガネをかけた足」の大騒動、ゴングに歴史あり!?「ゴングの音色」、数を教える大人と子供の屁理屈が妙な方向へ「数の勉強」、包囲戦が続いた理由にずっこける「トルボレーズ包囲戦」、感謝は押し付けられるものではないとのたまう捻くれ男「感謝日」、利己的な人物の因果応報、イタリア版蜘蛛の糸「トウモロコシの中の老人」、あらゆる機械からそれが消えるとどうなるか?「盗まれた車輪」叢書らしいので、他のシリーズも同様の傾向なら読んでいきたい。

  • イタリアの児童文学作家、ピウミーニによる、キレ味の良い短編が25個。おとぎ話やちょっと不思議な話があつめられ、子どもが読んでも当然面白いが、大人が読むと込められた風刺がほろ苦くて病みつきになる。
    同じイタリアを舞台にしているためか、(一般向き)ヴァーノン・リーの短編集『教皇ヒュアキントス』と同じ匂いがする。
    東欧のファンタジーとは全然違うノリで、さすがギリシャやローマの血を引くイタリア、文章の洗練度がすばらしい。

  • 『キスの運び屋』が素晴らしかったので、期待して読んだ。
    あとがきで、2冊の短編集から8つ選んで『キスの運び屋』とし、残ったものの中から25篇選んで、この『逃げてゆく水平線』にした、とある。
    だから、当然『キスの運び屋』の方が面白い。まあ、こっちは二煎目といったところ。
    ただ、二煎目でも十分美味しい。「数の勉強」「感謝日」「壺作りのボルト」「頭と帽子」「盗まれた車輪」「逃げてゆく水平線」など。
    確かにロダーリに似ているし、人の愚かさを皮肉るところはブッツァーティにもにている。
    社外批判はいいが、黄色人種蔑視は不快。
    やはり『キスの運び屋』を復刊してほしい。あれは本当に面白かった。

  • 図書館新着本コーナーで遭遇。
    イタリアの現代児童文学。
    「はじめて出逢う世界のおはなし」シリーズ、どれもジャケットがかわいいです(*^_^*)
    収録されているお話は、なかなかシュールだったりナンセンスだったり。25篇、堪能しました。

全4件中 1 - 4件を表示

逃げてゆく水平線 (はじめて出逢う世界のおはなし イタリア編)を本棚に「積読」で登録しているひと

逃げてゆく水平線 (はじめて出逢う世界のおはなし イタリア編)の作品紹介

沈黙を競う人びと。ボクシングに飽きたゴング。水平線に体当たりする船……本書はありとあり得ない果実がひしめく蜃楼のバザールである。読者はそこに不条理の絶対を見い出すに違いない。
(舟崎克彦 推薦文より)

シンプルなストーリーに隠された意図と背景には、人間っぽさと社会風刺が、ユーモアたっぷりの皮肉とともに、イタリアならではの情景で描かれている。

逃げてゆく水平線 (はじめて出逢う世界のおはなし イタリア編)はこんな本です

ツイートする