ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森田稔
  • 東洋書店 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784885958038

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難しかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)を本棚に登録しているひと

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)の作品紹介

「ロシア音楽の父」と言われ、『ルスラーンとリュドミーラ』などのオペラで有名なグリンカ(一八〇四〜五七)。日本でもたいへん人気のある『展覧会の絵』をはじめとして、『ボリース・ゴドゥノーフ』『禿山の一夜』等々たくさんの有名作品を持つムソルグスキー(一八三九〜八一)。そして、『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』の三大バレエ音楽、世界中の劇場でオペラのスタンダード・ナンバーとして上演される『エヴゲーニイ・オネーギン』『スペードの女王』など、世界的に知られる名作を数多く生みだしたチャイコフスキー(一八四〇〜九三)。十九世紀ロシアを代表する作曲家三人を、最新の研究成果を取り入れて浮かび上がらせた、まったく新しい「ロシア音楽の魅力」。

ロシア音楽の魅力―グリンカ・ムソルグスキー・チャイコフスキー (ユーラシア選書)はこんな本です

ツイートする