貴族院 (同成社近現代史叢書)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内藤一成
  • 同成社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886214188

貴族院 (同成社近現代史叢書)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    貴族院は敗戦後消滅し参議院に継承された。
    しかしノブレス・オブリージュを本分とした貴族院の存在意義は後者に継承されることはなかった。
    本書はかつて帝国議会の一翼を担った貴族院の足跡をたどり、その歴史的意味をさぐる。

    [ 目次 ]
    第1章 議会制度導入と貴族院の組織
    第2章 初期議会と貴族院
    第3章 官僚派の牙城として
    第4章 政党政治と貴族院
    第5章 戦時下の貴族院
    第6章 貴族院の終焉

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

貴族院 (同成社近現代史叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

貴族院 (同成社近現代史叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

貴族院 (同成社近現代史叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

貴族院 (同成社近現代史叢書)の作品紹介

貴族院は敗戦後消滅し参議院に継承された。しかしノブレス・オブリージュを本分とした貴族院の存在意義は後者に継承されることはなかった。本書はかつて帝国議会の一翼を担った貴族院の足跡をたどり、その歴史的意味をさぐる。

ツイートする