結婚の起源―女と男の関係の人類学 (自然誌選書)

  • 27人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Helen E. Fisher  伊沢 紘生  熊田 清子 
  • どうぶつ社 (1998年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886221087

結婚の起源―女と男の関係の人類学 (自然誌選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通り、結婚という社会的形態を、人類の祖先まで遡り、その起源を定義してた本。人間が子孫を残し、サバイバルしていく上で、結婚はした方がいいんだな~と思いました。

  • 哺乳類としての人間、その歴史を別の見地から眺めてみると、笑えました! そして、考えました。  読んだのはずっと昔ですが、かなり記憶に残る本です。

  • 人間の愛と性と結婚について、かなり興味深く書かれた本!!!この本を読むと、女という生き物が、いかにしたたかでエロい存在であるか!ということを思ってしまうのだけど、そんなふうに思うのはあたしだけだろうか...。

全4件中 1 - 4件を表示

結婚の起源―女と男の関係の人類学 (自然誌選書)はこんな本です

結婚の起源―女と男の関係の人類学 (自然誌選書)の単行本

ツイートする