人は海辺で進化した―人類進化の新理論

  • 36人登録
  • 4.07評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Elaine Morgan  望月 弘子 
  • どうぶつ社 (1998年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886223029

人は海辺で進化した―人類進化の新理論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第1章 人類の出現
    第2章 体毛
    第3章 皮下脂肪
    第4章 涙
    第5章 二足歩行
    第6章 性交
    第7章 泳ぎと潜水
    第8章 泳ぐ赤ん坊
    第9章 言葉
    第10章 統合をめざして
    第11章 いつ、どこで、それは起こったか?
    第12章 ダナキル島
    補章

  • アクア説、絶対支持!
    なんか本能が、これだ!って言うもん。

  • チンパンジーと人間は近い存在だと思っていたが、考えが変わった。

    一般的に類人猿から人類への進化は、「サバンナ説」が有力視されている。「サバンナ説」は、木の上の生活から草原におり昆虫を食べたり狩りをするようになった。そして、道具を持って獲物を追いかけるために二足で走るようになったとされている。
    しかし本書では、我々の先祖が水中生活をして再び上陸した動物が人間だとしている。これを「アクア説」と呼んでいる。
    確かに、鯨、イルカ、あしかなどのほ乳類も海で生きているもんな。

    □皮下脂肪
    毛皮を脱ぎ捨て、水中生活に最も適した断熱材代わりの皮下脂肪を手に入れた。
    寒さを防ぎ、浮力を増し、エネルギーを蓄え、丸っこくて流線型の体型を保っている。
    人間の赤ちゃんは、産まれてすぐに浮けるように、皮下脂肪が多くプチプチしている。
    現在人は、この皮下脂肪のおかげで、ダイエットに悩まされている。

    □二足歩行
    深いところまで行くと、頭が水につかってしまう。そこで、自然と二本足で立つようになった。水の中では、浮力あるので自分の体を支えることは容易にできる。


    □性交
    現代人が最もふつうにとる交接姿勢は、顔と顔をあわせた対面セックスだ。また女性器は体の前面に近いところにある。これは霊長類のなかでも人間だけ。
    水中動物の、ビーバー、マナティー、アザラシ、イルカも女性器は前面にあり、腹と腹を付き合わせて交接する。
    例えば、犬や馬などは馬乗りになって交配をする。四足歩行なので抱き合うより四つん這いになって交配するのが自然である。


    □泳ぐ赤ん坊
     零歳児は、目を開けたままむせたりパニックを起こさずに泳ぐことができる。
     また水中出産では、お母さんにも赤ちゃんにもリラックスして楽に生むことができると言われている。

全3件中 1 - 3件を表示

人は海辺で進化した―人類進化の新理論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人は海辺で進化した―人類進化の新理論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人は海辺で進化した―人類進化の新理論を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする