エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)

  • 44人登録
  • 3.73評価
    • (7)
    • (2)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Nora Gray Weeks  林 陽 
  • 中央アート出版社 (1994年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784886396914

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)の感想・レビュー・書評

  • 帯文:”花たちの癒しの秘密とは” ”根を根本から治療する!野の花の神秘な薬効の発見に人生をかけたバッチ博士の38種のフラワー・レメディーを全紹介。”

    目次:はじめに、第1章 エドワード・バッチの少年時代、第2章 医学への目覚め、第3章 医学研究の時代、第4章 細菌学者としてのバッチ博士、第5章 ホメオパチー「同種療法」の開眼、第6章 七つの治療物質「バッチ・ノソード」の発見、第7章 野の花に秘められた神秘な作用、第8章 医学を捨てる、第9章 フラワー・レメディーの造り方①=太陽法、第10章 心を癒す新しい医療、第11章 病は「気」から、第12章 七つのフラワー・レメディー「セブン・ヘルパーズ」、第13章 病苦から癒された人々……訳者あとがき etc

  • フラワーエッセンスの生みの親
    バッチ博士の生涯が綴られています。
    フラワーエッセンスが生まれるまでの
    軌跡が分かる一冊です。

  • バッチフラワーを学ぶなら、基本となる一冊。

  • こういう時にはこのエッセンスがよい、という紹介の仕方をしているので、手軽に試したい時に参考になります。

  • 野山に咲き誇り、道ばたや雑木林の木陰に咲く可憐な花たちは、人の心に安らぎと喜びを与えてくれるだけではない。細菌学者バッチ博士は人間心理と癒しの深い関連に目を向け、病いの本源としての心を癒す作用を野の花の中に発見した。

  • バッチの花療法を発見、系統化させたエドワード・バッチの右腕であり、最も信頼を得ていた女弟子ノラ・ウィークスが描くエドワード・バッチの生涯。バッチフラワーへの深く理解するために。

  • この本を読んでバッチ博士の変人ぶりがよくわかりました。この性格のせいで?フラワーエッセンスが胡散臭い扱いされてるんじゃないかっと思います。本当によいものを見つけた人が上手なセールスマンにはならないたとえのようです。

全8件中 1 - 8件を表示

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)を本棚に登録しているひと

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)を本棚に「積読」で登録しているひと

エドワード・バッチ心を癒す花の療法―フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブック)はこんな本です

ツイートする